個人勢VTuberが人気になるにはどうしたらいい?【個人勢VTuberと企業勢VTuberの違うところ】




「個人勢VTuberだけれど人気になりたい!」

そう思っている方は多いのではないでしょうか。とはいえ、個人勢VTuberとして人気なるのはなかなか難しいのが現実ですよね。

こちらの記事では、個人勢VTuberと企業勢VTuberの違い、個人勢VTuberとしてこれから人気になるためにはどのように活動していけばよいのかを書きました。

本気で人気になりたいと思っているVTuberはぜひ最後までお読みください。



企業勢VTuberと個人勢VTuberの違いは?

企業勢VTuberも個人勢VTuberも同じVTuberですよね。

それにも関わらず、圧倒的に人気が出やすいのは企業勢VTuberだと思います。

なぜ、同じVTuberなのに人気に違いがでるのか…。

これにはきっと理由があるはずです!

ということで、人気に差が出る理由を「企業勢VTuberと個人勢VTuberの違い」から考えてみたいと思います。

企業勢と個人勢の違い

1.活動にかけるお金
2.動画のクオリティー
3.エンターテイメント性
4.ブランド価値
5.PR力

活動にかけるお金

大きな違いといえば、VTuber活動にかけるお金でしょう。

企業勢VTuberは、準備からたくさんのお金をかけています。

例えば・・・

・キャラクターを作る
・活動機器(PC、VR、カメラなど)を用意する
・広告を惜しみなく掲載する

など。

企業勢はキャラクター制作やプロモーションには多くのお金をかけています。活動にお金をかけていることは企業勢VTuberの動画を見てみるとわかるはずです!

一方で、個人勢VTuberはお金をかけたとしても数万〜数十万程度です。中には数百万円投資している個人勢VTuberもいるかもしれないが稀でしょう。

個人勢はなかなか企業勢には及びません。

ある程度お金をかけるとやはり人気はでやすくなります。

その点で沢山お金をかけられる企業勢は強いですよね。

動画のクオリティー

全体的に見ると動画のクオリティーも企業勢VTuberと個人勢VTuberでは大きく違うように思います。

企業勢VTuberの動画はクオリティーの低いものがほぼないです。見やすく、魅力的な編集をされた動画が多くなっています。

もちろん、個人勢VTuberの中にも、動画が面白い人も編集をしっかりされている人も見られます。しかし、「音量調整ができていない」「フォントが見づらい」「テンポが悪い」といったような方がに多いように思います。

やる気があるのか疑問に思ってしまう方も残念ながらいます。

エンターテイメント性

これは身内ノリでワイワイしたいのか、エンターテイメントとして楽しんで欲しいのかという想いに違いがあるということです。

企業勢VTuberは身内だけで盛り上がり、初見さんをはじめ、誰かを置いてけぼりにすることがほぼないです。

しかし、個人勢VTuberはVTuberというものを誰かと繋がるツール、SNSのようなコミュニケーションツールとして使っている人が多いように思います。(多くの方と仲良くすることはいいことです!)

企業勢と個人勢では初見の方でも楽しめるような動画投稿や配信を行えているか、行えていないかというエンターテイメント性に違いがあるでしょう。

ブランド価値

企業勢VTuber→「~の所属のVTuber」というようなブランド価値を持った状態からのスタート
個人勢VTuber→ブランド価値が一切なく、何もない状態からのスタート

ブランド価値がある場合とない場合ではスタートからより多くのファンをゲットできる可能性が全然違います。

その点で、ブランド価値のある企業勢VTuberの方が断然有利だと思います。

PR力

先に紹介した「かけているお金」「ブランド価値」にも関係してきますが、PR力に大きな差があるように思います。

企業勢VTuberは次のように有効なPRを行います。

・お金の力で広告をたくさん出す
・他の所属VTuberに宣伝をしてもらう

一方、個人勢VTuberでお金をかけて広告を出す人はほぼいません。また、宣伝をしてもらえるVTuber仲間もいません。

そのようなことから企業勢と個人勢のPR力は大きく違うでしょう。

圧倒的に個人勢VTuberは不利!

ここまで、企業勢VTuberと個人勢VTuberの違いを書いてきました。

先に書いたようなことから「個人勢VTuberは圧倒的に不利」です。

個人勢VTuberのメリット(自由に活動できる)ももちろんありますが、スタートダッシュを決められるのは99%企業勢VTuberでしょう。

そして、最終的に個人勢VTuberで人気になることができる方もごく一部の人だけです。

不利な状態から始めたくない・早く人気VTuberになりたい場合は企業勢VTuberとしてのデビューを目指したほうがいいのかもしれません。




個人勢VTuberとして人気になるためには?

最後にどうしても個人勢VTuberとして人気になりたい方のために、どうすれば人気になれるかを書いていきます。

・出費を惜しまない
・動画のクオリティーをあげる
・初見の人でも楽しめるようにする

上記のことを詳しく書いていきます。

出費を惜しまない

本気で人気VTuberを目指すのであれば出費は惜しまない方ようにしましょう。

出費を惜しまずに購入したほうが良いものを下にまとめます。

・キャラクター
・PC
・マイク
・VR機器(3Dの場合)
・ウェブカメラ(2Dの場合)

キャラクター

キャラクターは自分で作るにしても依頼するにしても納得のいくものにしましょう。

ただイラストを掲載しているだけであるようなVTuberの動画はあまり見ようと思われません。キャラクター関係なくとびきり面白いVTuberは見るかもしれませんが、なかなか難しいですよね。

そのため、キャラクターにはこだわるようにしてください。

また、自分の希望通りのキャラクターで活動することでVTuber活動のモチベーションを上げることも可能だと思います!

PC
PCは自分のやりたいことに合わせて、購入してください。

低スペックPCを購入して活動ができなかった!という状態は最悪です。やる気もみるみるなくなります。

PCに詳しくない場合は、PCショップの店員さんやPCに詳しい人によく聞いてから購入しましょう。

PCは大切です!!

マイク
マイクはVTuberにとって命のようなものかもしれません。

声を聞いてもらうことができなければただの動くキャラを見てもらうだけになってしまい、人気になるどころの話ではありませんよね?

ご自身の好きなマイクを選んでいただいて構いませんが音質の良いもの、使いやすもの、耐久性のあるものを選びましょう。

PCの内蔵マイクや安いからという理由で購入した低品質のものの利用はおすすめしません。本当に人気なりたいと思っているのであれば、マイクは良いものを選んでくださいね。

ノイズが多かったり、なにをいっているかわからないようなVTuberの動画や配信は絶対にみようと思いません。

どのようなマイクを買えばいいのか全くわからない方は下記の記事をご覧ください。おすすめマイクを紹介しています。

VR機器(3Dの場合)

HTCviveかOculus Riftがおすすめです。

 

 

ウェブカメラ

ウェブカメラもほどほどのものを購入すればいいでしょう。リアルの映像を映し出すわけではないのでこだわりすぎる必要は全くありません。

カメラにお金を使うのであれば、他に回したほうがいいと思っています。

ほどほどに安くて、使いやすく、品質の高いものを下記の記事で紹介しています。

 

動画のクオリティーをあげる

次に、「動画のクオリティ」は常に自分が満足する以上の最高のものを作ることを意識してください。

あなたが視聴者だとしたらわざわざ質の低い、つまらない動画を見ようとは思いますか?

私は思いません。

もし、動画を開き、音量調整ができていなかったり、何をいっているかわからなかったり、面白くないと感じた場合は即視聴をやめます。

わざわざ、面白くもない動画を見るほど優しい人はいないです。

なので、人気になりたいのであれば動画編集の勉強をしましょう。

勉強したくない、やる気もないというのであればVTuberに向いていないのでやめたほうがいいかもしれません。

初見の人でも楽しめるようにする

より多くの人に見てもらいたいと思うのなら、特定の人と深く関わってばかりではなく1人のVTuberとして活動しましょう。

あなたを知っている人だけでなく、あなたのことを全く知らない初見の人でも楽しめるような動画投稿や配信を行うことを心がけてください。

人気になるためには、既存の視聴者・新規の視聴者どちらにも平等に接していくことが求められます。

また、誰かを特別扱いするのは絶対にやめましょう。

特定の人と楽しみたい場合はわざわざVTuberとして活動する意味がないと思います。




できないことはプロに頼みましょう!

キャラクター作成や動画編集などを自分ではできないという場合はプロに頼み、質をあげていけるといいと思います。

もし、あなたに「企業にも負けない!」という強い想いがあるのであれば、キャラクター作成や動画編集を依頼することも考えてみてください。

下記の記事で、おすすめのモデラーさんやイラストレーターさんを紹介させていただいています。

ぜひ、合わせてご覧ください。

キャラクターデザインを依頼したい方はこちら↓
VTuber用のキャラクターデザインの依頼ができる方5選!【ココナラ】

2Dモデルを依頼したい方はこちら↓
VTuberの2Dモデル制作依頼ができるモデラー6人を紹介します!【ココナラ】

3Dモデルを依頼したい方はこちら↓
VTuberの3Dモデル制作依頼ができるモデラー5選!【ココナラ】

おわりに

面白かったり、個性的であったり、タメになるようなことをしていないのであれば誰にも見てもらうことができないのが現実です。

なので、面白くない個人勢VTuberが人気になることはなかなか難しいといえるでしょう。

本当に人気になれるのは「才能がある人」もしくは「夢中なって活動ができた人」だけだと思います。10年かかっても人気になるくらいの気持ちで取り組んでいけるといいのかもしれません。

大体のVTuberは人気にならないまま活動をやめていきます。人気になるか、人気にならないのかはあなた次第です。