個人勢VTuberが人気になるにはどうしたらいい?【個人勢VTuberと企業勢VTuberの違い】




個人勢としてVTuber活動をしているの方の中には「人気になりたい!」「沢山の方に見てもらいたい」と思っている方もいると思います。

とはいえ、個人勢VTuberとして人気なるのはなかなか難しいのが現実です。

個人勢VTuberと企業勢VTuberにはどのような違いがあり、個人勢VTuberとしてこれから人気になるためにはどのように活動していけばよいのでしょうか。

この記事で書くこと

  • 個人勢VTuberと企業勢VTuberの違いは?
  • 個人勢VTuberは不利?
  • 個人勢VTuberとして人気になるためには

本気で人気になりたいと思っている個人勢VTuberの方はぜひ最後までお読みください。




企業勢VTuberと個人勢VTuberの違いは?

企業勢VTuberも個人勢VTuberも同じVTuberです。
しかし、圧倒的に人気が出やすいのは企業勢VTuberでしょう。

なぜ、企業勢VTuberのほうが人気が出やすいのかをそれぞれの違いから考えて行きましょう!

企業勢と個人勢の違い
  1. 活動にかけるお金
  2. 動画のクオリティー
  3. エンターテイメント性
  4. ブランド価値
  5. PR力

企業勢VTuberと個人勢VTuberには以上のような違いが考えられます。
それぞれ具体的に紹介していきます。

活動にかけるお金

企業勢VTuberの場合:準備中からたくさんのお金をかけて動いている(キャラクターを作る・活動機器を用意する・広告を惜しみなく掲載する 等)

個人勢VTuberの場合:お金をかけたとしても数万〜数十万程度

金銭的な面で、個人勢は企業勢にはなかなか及びません。ある程度お金をかけるとやはり人気はでやすくなるため、沢山お金をかけられる企業勢は強いです。

動画のクオリティー

企業勢VTuberの場合:動画がクオリティーの低いものがほぼない(見やすく、魅力的な動画が多い)

個人勢VTuberの場合:音量調整ができていない・フォントが見づらい・テンポが悪いといったような方が多い(もちろん、動画が面白い人も編集をしっかりされている人もいます!)

全体的に見ると動画のクオリティーが企業勢VTuberと個人勢VTuberでは大きく違います。

エンターテイメント性

企業勢VTuberの場合:身内だけで盛り上がり、初見さんをはじめ、誰かを置いてけぼりにすることがほぼない

個人勢VTuberの場合:VTuberを誰かと繋がるツール、SNSのようなに使っている人が多い(多くの方と仲良くすることはいいことです!)

「仲間内でワイワイしたい」のか「大勢にエンターテイメントとして楽しんでほしい」のかという想いに違いがあるように感じます。

ブランド価値

企業勢VTuberの場合:「~の所属のVTuber」というようなブランド価値を持った状態からのスタート

個人勢VTuberの場合:ブランド価値が一切なく、何もない状態からのスタート

ブランド価値がある場合とない場合ではスタートからより多くのファンをゲットできる可能性が全然違います。その点で、ブランド価値のある企業勢VTuberの方が断然有利だと思います。

PR力

企業勢VTuberの場合:広告をたくさん出す・他の所属VTuberに宣伝をしてもらう

個人勢VTuberの場合:お金をかけて広告を出す人はほぼいない。宣伝をしてもらえるVTuber仲間も基本的にはいない

先に紹介した「かけているお金」「ブランド価値」にも関係してきますが、PR力に大きな差があり、企業勢と個人勢のPR力は大きく違うといえるでしょう。




個人勢VTuberは圧倒的に不利な状態からのスタート

 

ここまで、企業勢VTuberと個人勢VTuberの違いを書いてきました。

先に書いたようなことから考えると…

 

桃野まゆり
「個人勢VTuberは圧倒的に不利な状態からのスタート」といえるでしょう。

 

個人勢VTuberのメリットももちろんあります。
しかし、スタートダッシュを決められるのは企業勢VTuberです。

企業勢VTuberをはじめ、VTuberが増えてきた現在では個人勢VTuberとして人気になれるのはごく一部の人だけだといえます。

もし、不利な状態から始めるのは嫌だ・早く人気VTuberになりたいという気持ちのある方は企業勢VTuberとしてのデビューを目指したほうがいいのかもしれません。

時々、VTuberのオーディションが開催されることもあるため参加も検討してみてくださいね。




個人勢VTuberとして人気になるためには?

最後に「個人勢VTuberとして人気になりたい」という強い気持ちを持った方のために、どうすれば人気になれるかを紹介していきたいと思います!

人気になるために
  1. 出費を惜しまない
  2. 動画のクオリティーをあげる
  3. 初見の人でも楽しめるようにする

上記のことをそれぞれ詳しく説明していきます。

出費を惜しまない

桃野まゆり
本気で人気VTuberを目指すのであれば出費は惜しまないようにしましょう!!
出費を惜しまずに購入したほうが良いもの

  • キャラクター
  • PC
  • マイク
  • VR機器(3Dの場合)
  • ウェブカメラ(2Dの場合)
  • キャラクター

 

 キャラクター

VTuberにとって、キャラクター(見た目)は第一印象にもなる大切なものなので出費は惜しまないことがオススメです。

自分の希望通りのキャラクターで活動することでVTuber活動のモチベーションを上げることもできます。

キャラクターは自分で作るにしても依頼するにしても納得のいくものにしましょう。

 

 PC

PCは自分のやりたいことに合わせて、PCはご購入ください。

低スペックPCを購入して活動ができなかった!という状態は最悪です。
やる気もみるみるなくなります。

活動に合ったものを購入しましょう。

 マイク

マイクはVTuberにとって命のようなものです。

声を聞いてもらうことができなければただの動くキャラを見てもらうだけになってしまい、人気になるどころの話ではありません。

どのようなマイクを買えばいいのかわからない方は下記の記事をご覧ください。
おすすめマイクを紹介しています。

 

 VR機器(3Dの場合)

3Dモデルで活動する場合のVR機器としては、「HTCvive」か「Oculus Rift」がおすすめです。

 HTCviveをAmazonで見てみる
HTC VIVEをAmazonで確認する

 Oculus RiftをAmazonで見てみる
Oculus RiftをAmazonで確認する
 
 ウェブカメラ

リアルの映像を映し出すわけではないのでこだわりすぎる必要は全くありません。
しかし、何でも良いわけではありません。

コストパフォーマンスの高いものを購入しましょう!

VTuber活動に向いているウェブカメラを下記の記事で紹介しています。

 

動画のクオリティーをあげる

桃野まゆり
次に、「動画のクオリティ」は常に自分が満足する以上の最高のものを作ることを意識してください。

あなたが視聴者だとしたらわざわざ質の低いつまらない動画を見ようとは思いませんよね。私は思いません。

もし、動画を開き、音量調整ができていなかったり、何をいっているかわからなかったり、面白くないと感じた場合は視聴をやめてしまいます。

なので、人気になりたいのであれば動画編集について多少は勉強をしましょう。

勉強したくない、やる気もないというのであればVTuberに向いていないのでやめたほうがいいかもしれません。

初見の人でも楽しめるようにする

桃野まゆり
より多くの人に見てもらいたいと思うのであれば、特定の人と深く関わってばかりではなく1人のVTuberとして活動しましょう。

あなたを知っている人だけでなく、あなたのことを全く知らない初見の人でも楽しめるような動画投稿や配信を行うことを心がけてください。

人気になるためには、既存の視聴者・新規の視聴者どちらにも平等に接していくことが求められます。誰かを特別扱いするのは絶対にやめましょう。




人気VTuberに近づくために…

桃野まゆり
もしあなたに「企業にも負けない!」という強い想いがあるのであれば、できないことは積極的にプロへ依頼をすることをオススメします。

魅力的なキャラクター+動画のクオリティーも高いというVTuberがいる中で人気になることはなかなかむずかしいです。

キャラクター作成や動画編集などを自分ではできないという場合はプロに依頼して、VTuber活動の質をあげることも考えてみてください。

プロに依頼することで、あなた自身をより魅力的に見せることができるかもしれません。

下記の記事で、オススメのモデラーさんやイラストレーターさん、動画編集者さんなどを紹介させていただいています。人気VTuberを目指している方はぜひ合わせてご覧ください。




おわりに

今回は「個人勢VTuberが人気になるにはどうしたらいい?」ということについて色々と書いてきました。

個人勢VTuberと企業勢VTuberの違いは?
沢山ある!!(かけるお金・PR力など)
個人勢VTuberは不利?
圧倒的に不利
個人勢VTuberとして人気になるためには
出費を惜しまない・クオリティーを上げる・皆楽しめるようにする

面白かったり、個性的であったり、タメになるようなことをしていないのであれば誰にも見てもらうことができないのが現実です。

本当に人気になれるのは「才能がある人」もしくは「夢中なって活動ができた人」だけだと思います。

大体のVTuberは人気にならないまま活動をやめていきます。
人気になるか、人気にならないのかはあなた次第です。

まだ、人気になるチャンスはあるので、ぜひ人気VTuberを目指して活動を行っていってくださいね。