企業勢VTuberとして活動するメリット・デメリット

最近は企業に所属しているVTuberが運営について暴露をしたりと色々なことがありますよね。

企業系VTuberだからこそできることや大変なこともあるでしょう。

ということで、ここでは企業勢VTuberのメリットとデメリットを考えていこうと思います。



企業勢VTuberのメリット・デメリット

早速、企業勢VTuberのメリット・デメリットを紹介します!

企業勢VTuberのメリット

・活動のバックアップを受けられる
・案件をもらいやすくなる
・他のVTuberとのつながりを作ってもらえる

活動のバックアップを受けられる

企業勢VTuberは、大体の場合はキャラクターの制作や活動に必要な機材を揃えてもらうことができます。

個人でやると全て自分の稼いだお金から出さなければなりません。これが、結構な金額になってしまいます。

金銭的なサポートを受けられるのは大きなメリットだと思います。

※企業によっては活動環境は自分で揃えてくださいという場合があります。

そして、広告や宣伝も積極的に出せるので個人勢VTuberよりも人気になれる可能性は高くなるでしょう。

案件をもらいやすくなる

企業やプロジェクトには営業の方がいる場合が多いため、案件をもらいやすくなります。

企業全体に案件がくることもあり、他の所属VTuberとともに案件を受けることもできる可能性も高いです。

それに加え、取材や雑誌、TVなどの出演依頼もいただきやすくなります。

他のVTuberや人とのつながりを作ってもらえる

まず、同じ企業に所属しているVTuberとのつながりが自然とできます。

その他にも、企業は他の企業とのつながりも大なり小なりあります。

そのため、個人勢VTuberには雲の上のような存在のVTuberや芸能人、YouTuberとのコラボができることもあるかもしれません。




企業勢VTuberのデメリット

・完全自由な活動ができない
・収益が全て自分のものにならない
・やめたい時にやめられない

完全自由な活動ができない

企業に所属してる場合は、企業の活動方針に合わせる必要があります。

自分の好きなことが全くできないかと言うとそんなことはないです。

しかし、個人勢VTuberのように何もかもを自由にというわけにはいきません。

過激な発言や炎上してしまうようなことをいってしまうと自分自身だけではなく運営にも大迷惑をかけます。

そのため、ひとによってこの環境が息苦し感じることもあるかもしれません。

収益が全て自分のものにならない

企業勢VTuberの場合は収益が全て自分のものになることはほとんどありません。

これは、様々なサポートをしてもらっているため仕方ないことです。

しかし、自分の納得いく収益をもらえない場合は運営と揉めてしまう可能性もあります。

また、グッズ販売をした場合も企業を通すため、全てが自分の収益にはなりません。

人によってはお金は全くいらないという場合もあると思うのでそのようなかたにとっては全くデメリットにはならないと思います。

やめたい時にやめられない

活動をやめられないということではなく「急にやめることができない」ということです。

企業との契約の上で活動をすることになるので、自分の気分だけでやめるのは難しいでしょう。

そして、企業にも大迷惑をかけることになるので注意が必要です。

突然やめた場合はその業界に戻りたいと思っても戻れなくなるかもしれません。

しっかりと自分の意思を伝えてやめるのであれば問題ないので怯える必要はありません!

ですが、個人勢VTuberよりもやめづらくなることは覚えておいてくださいね。




個人勢VTuberが企業勢VTuberになることもある

ここまでは企業勢VTuberのメリット・デメリットを書いてきました。

「企業勢VTuberにはなりたくない」
「なれるかもよくわからない」

という方もいるでしょう。

中には、個人で活動していたVTuberがスカウトされて企業に所属するVTuberもいます。

まずは、自分のやりたいように、自分のスタイルで個人勢として活動を始めてもいいかもしれません。

それぞれにメリット・デメリットがあるのでよく考えて決めましょう!

どのような形であれ、VTuber活動を楽しく、充実したものにするのはあなた自身です。

VTuber全員でVTuber界隈を盛り上げていきましょうね!

私は活動を頑張るVTuberさんを応援していきたいと思います。