VTuberに向いている人と向いていない人とは?




ここではVTuberに向いている人と向いていない人について書いていきます。

VTuberを始めようと考えている人や自分はVTuberに向いていないのかもしれないと思っている人等は是非お読みください!



VTuberに向いている人・向いていない人とは?

VTuberに向いている人

まずはVTuberに向いている人は下記のような人です。

・何かを表現することが好きな人
・人と接することが好きな人
・他者を大切にできる人
・人から注目されるのが好きな人
・楽しいことが好きな人

何かを表現することが好きな人

当たり前ではありますが、VTuberは動画投稿や配信を行なっていきます。トークやダンス、イラスト制作などといった活動を通して何かを表現することが必要です。

どのような活動をするにしても、「表現することが好き」だという人はVTuberに向いてると考えられます。

人と接することが好きな人

VTuberとして活動・活躍していく中では、視聴者さんと関わる機会が必ずあります。

面と向かって会うことはないかもしれませんが、配信やSNSなどでは関わることがでてくるでしょう。

この時に、人と接することが嫌いであると鬱陶しいという思いが強くなり、活動をやめたくなってしまうかもしれません。

視聴者さんがいなければVTuberとして成り立ちません。
このことからも、人が大好き!という人はVTuberとして活躍できると思います。

他者を大切にできる人

先程も書きましたが、視聴者さんがいなければVTuberとしては成り立ちません。

この視聴者さんに日々感謝し、大切にしていくことができる人はVTuberに向いていると思います。

普段から「人を大切にしたいと思っている」「人を大切にしよう心がけている」という方はVTuberになっても多くのファンを獲得できるはずです。

人から注目されるのが好きな人

VTuberとして活動する大前提として、「注目されことが好き」でなければなりません。

注目を集めることが嫌いだとVTuberになっても辛いだけだと思います。

活動期間が長くなると、何千、何万という人が動画や配信を見に来ます。そうなったら嬉しいかも!と思うのであれば今すぐ、VTuber活動をしましょう。

楽しいことが好きな人

楽しいの基準は人それぞれです。しかし、VTuber活動をしていく中で様々なイベントに参加できる機会があります。

イベントに参加することは、視聴者・ファンを獲得するチャンスです。

楽しいイベントにが多いので、「楽しいことが好き!」という場合には楽しみながらVTuberをしていくことができます。

何事も楽しめる人はVTuberに向いていると考えられます。




VTuberに向いていない人

続いて、VTuberに向いていない人は下記のような人です。

・注目を集めることが嫌な人
・人が嫌いな人
・表現することが嫌いな人

注目を集めることが嫌いな人

まず、注目を集めることが嫌いなのであれば、VTuberに限らずネットで活動していくことは向いていないと思われます。

面白い・楽しい動画や配信であれば、自然と人々から注目されてしまいます。
注目されるのが嫌だ!と強く思うのであれば絶対にVTuber活動はしないことをオススメします。

人が嫌いな人

VTuber活動に欠かせないものは、視聴者さんです。

見てくれる人がいなければ活動が成り立ちません。
そのため、人と関わらないということは不可能になってきます。

人が嫌いであれば、VTuber活動は控えた方が自身のためになるでしょう。

表現することが嫌いな人

VTuber活動にはトークだとしても、ゲーム実況だとしても表現をすることが必須です。

自分の想いや自分自身を表現することが嫌いな人は活動しない方が良いと思います。

表現することが苦手な場合は、活動しているうちにどうにかなります。

※向いていないのは「苦手」という人ではなく「嫌い」という人です。

まとめ

VTuberにはどのような人が向いていて、どのような人が向いていないのかを書いてきました。

何事も向き不向きはあると思います。

しかし、「活動したいけれど向いてないからやめよう」と決めてしまうのはもったいない。

少しでもやってみたいという気持ちがあるのなら、是非1度VTuber活動をしてみてください。

後悔だけはしないように・・・。

もしかしたら、「向いてないかも」と思っていても活動しているうちに変わってくることがあるかもしれません。