個人勢VTuberとして活動するメリット・デメリット




こちらの記事では、個人勢VTuberとして活動するメリット・デメリットを紹介していきます。

個人勢VTuberとして活動しようと考えている方はぜひお読みください。



個人勢VTuberのメリット・デメリットとは?

早速ですが、個人勢VTuberのメリットとデメリットを紹介していきます。

個人勢VTuberのメリット

・自分の好きなように活動ができる
・収益が全て自分のものになる
・いつでもやめられる

自分の好きなように活動ができる

個人勢の一番のメリットはこの「自分の好きなように活動できる」ということでしょう。

企業系VTuberは、会社のことも考えて活動をする必要が多かれ少なかれあります。しかし、個人勢VTuberの場合は「これをやってはダメ」「NG」というものがありません。

いってしまえば、犯罪行為やYouTubeの規約に反すること、迷惑をかけるようなことをしなければ何をしてもOKです!

収益が全て自分のものになる

個人勢VTuberの場合は、収益が全て自分のものになります。

広告収入はもちろん、グッズを売ったお金なども全て自分で自由に使うことができるのです。収益目的で活動していない方もいるでしょう。しかし、お金がモチベーションをあげてくれることもあります。

そのため、この「収益を全て自分のものにできる」というのも個人勢VTuberにとっては大きなメリットになると思います。

いつでもやめられる

これは、いつやめても迷惑をかける人がいないということです。

ファンの人は悲しむと思いますが、迷惑をかけることはありません。

企業に所属しているということは、その会社で働いていることと同じです。そのため、簡単にやめることはできません。(本当にやめたければやめられます)

いつでもやめられるからこそ、長く続かないということもあるかもしれません。しかし、「あれ?なんか違う」と思った時にすぐにやめられるのは時間のムダ遣いを減らせるためメリットともいえます。

個人勢VTuberのデメリット

・金銭的にできることに限界がある
・自分を売り込むのが難しい

金銭的にできることに限界がある

金銭的な面では、個人勢VTuberは辛いことが多いでしょう。キャラクター制作・動画撮影、編集・企画などにお金がかかります。

個人勢VTuberの方は全て自分のお金から出す必要があります。

必死にお金を稼いでいたら、VTuber活動が疎かになってしまいます。時間配分が難しいと感じることもあるでしょう。

中には、お金をかけずに楽しく面白い活動をしているVTuberもいます。そのため、工夫次第でこちらはデメリットに感じないこともあるかもしれません。

自分を売り込むのが難しい

企業系VTuberの場合は金銭的に余裕があるため、広告を出すことも容易にできるかもしれません。また、業界の人とのつながりもあることが多いです。

それに比べ、大体の個人勢VTuberは何もないゼロの状態から活動を始めます。

業界の人とのつながりもなく、広告を出すお金もないということは「時間」を使い、「運」に任せて自分を売り込んでいく必要があります。これがまた難しいのです。

忙しい個人勢VTueberにとっては、この売り込みが上手くできないことで苦しむかもしれません。

しかし、VTuber界隈には拡散をしてくれる優しい方々も多いです。諦めずにアピールをし、面白い動画投稿や配信をすることで企業系VTuberに追いつける可能性も大いにあります。




個人勢VTuberだからこそできることもある

時には企業に所属していて「うらやましい」と思うこともあるでしょう。しかし、気軽にコラボができたり、好きなように活動ができるのは個人勢VTuberの特権です。

企業系VTuberが運営と揉めてしまい魂が変わるという出来事や事務所がなくなるということもありました。

企業が運営困難になってしまうと、VTuber自身が活動意欲があっても活動休止となることもあります。

一見、メリットばかりあるように感じる企業勢VTuberですが「自分の好きなようにできない」という大きなデメリットがあるのです。

個人勢VTuberだからこそできることも多いということを忘れず、活動を楽しむのが一番だと思っています。




おわりに

今回は個人勢VTuberのメリット・デメリットを書いてきました。

VTuberが沢山いる中で、個人勢VTuberとして人気になるのは難しいように感じるかもしれません。また、メリットが少なく、デメリットばかりに思うこともあるでしょう。

しかし、個人勢VTuberだからこそできることもあります。個人勢VTuberの方は、メリットを活かし、楽しくVTuber活動をしていってくださいね。