活動をすぐにやめてしまうVTuberと長く続けるVTuberの特徴や違いは?




日々、沢山のVTuberが活動を開始しています。

しかし、その多くは数ヶ月のうちに活動休止もしくは引退をしていきます。活動を長く続けるVTuber・すぐにやめてしまうVTuberにはどのような違いがあるのか。

当記事で解決できればと思います。

この記事で解決!

  • 活動をすぐやめてしまう・長く続けるVTuberの特徴は?
  • 活動をすぐやめてしまう・長く続けるVTuberの違いは?
  • 長期間活動をしていれば人気VTuberになれる?

VTuber活動をすぐやめてしまうVTuberと長く続けるVTuberの特徴や違いについて少しでも興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。

活動をすぐやめてしまう・長く続けるVTuberの特徴は?

早速、それぞれの特徴をみていきましょう!

すぐに辞めてしまうVTuberの特徴

VTuberがあまり好きではない
他のVTuberと自分を比べすぎる
頑張りすぎる
自分だけ特別だと勘違いしている
長く続けるVTuberの特徴

活動を楽しんで行っている
VTuber仲間大切にしている
人や数字に左右されない目標がある

以上のような特徴があるように思います。それぞれ別に簡単に説明を加えていきます。

活動をすぐに辞めてしまうVTuberの特徴

まず、活動をすぐにやめてしまうVTuberの特徴についてです。

VTuberがあまり好きではない

VTuber自体が好きではない方、嫌いという方はとにかく早く(1-3ヶ月以内)活動をやめているように思います。

好きではないものを何の見返りもなく、趣味として続けていくのは相当キツイでしょう。

特に、すぐ活動をやめていく傾向がある方は「VTuberとしてお金を稼ぎたい」「VTuberは簡単に人気になれそう」という欲に満ちた想いから活動をスタートした方です。

VTuber界隈の厳しい現状では、VTuberが好きもしくは興味があるという方でなければ活動を続けるのはなかなか難しいと思います。

例外として、VTuberが好きではないけれど、すぐに人気になれたという方は長く続けるかもしれません。

他のVTuberと自分を比べすぎる

「自分より後に活動を始めた〇〇よりもチャンネル登録者数が少ない」「〇〇は自分と似たようなことをいるのに〇〇人もTwitterのフォロワーが多い」といったように、他のVTuberと自分比べすぎている方もすぐに(数ヶ月-1年以内)活動をやめているように思います。

他者と比べすぎた結果、疲れてしまうのか、活動しても意味がないと感じてしまうのかはわかりません。自分は自分、人は人と吹っ切れることができない場合は活動を続けるのが難しくなってくると思います。

モチベーションをあげるために他者と比較してみることはいいのですが、他者と比べすぎると自己肯定感が低くなり活動が嫌になってしまう可能性が高いです。比べすぎには気をつけましょう。

活動を頑張りすぎる

VTuber活動を頑張ることは非常に良いことでしょう。しかし、スタートダッシュを決めようと必死になることでバテてしまい、活動をやめている方も存在します。

特に、「無理に企画に参加する」「休みなく動画を撮る」「暇さえあればTwitterを確認する」「エゴサを休みなく行う」というようなことしている方は頑張りすぎに注意が必要です。このような行動は引退につながる可能性が高くなります。

頑張りすぎでやめてしまうのはもったいないことだと思います。自分の限界を把握した上で、できる範囲で行動することがいいのかもしれません。

自分だけ特別だと勘違いしている

自分のつまらなさ・努力不足を認めずにVTuberや界隈のせいにしたがる方は、すぐに(1週間から1ヶ月以内)に活動をやめていきます。

これを理由にやめる人は稀ですが、時々存在します。
「自分が人気にならないVTuber界隈はおかしい」というようなことを仰る方です。

自意識過剰な方は、どうしようもないのですが無駄な期待をせず自分を客観視できるといいのかもしれません。



長く続くVTuberの特徴

続いて、活動が長く続くVTuberの特徴です。

活動を楽しんでいる

活動を長く続けているVTuberは、YouTubeへの動画投稿や配信、Twitterでの活動を常に楽しんで行っているように思います。

活動していく中では、苦労や悩みもあるはずです。
しかし、根本的な気持ちとしては「活動が楽しい」という方は比較的長めに活動されています。

何事もそうですが、少しでも楽しめる要素がなければ続けることが不可能でしょう。

VTuber仲間大切にしている

VTuber活動を始めてからできたVTuber仲間を大切にされている方も活動を長く続けているように思います。

孤独に活動をしているVTuberよりも、VTuber界隈に仲間(VTuber仲間やファン)がたくさんいる方はすぐに辞めてしまうことがありません。

仲間を大切にすることで、先に書いたような楽しい活動につながってくるのかもしれません!

人や数字に左右されない目標がある

人や数字に左右されない目標・夢・やりたいことがあるVTuberは活動を長く続ける傾向があります。

例えば、人や数字に左右されない目標・夢・やりたいことには「ゲームを楽しくやりたい」「歌を歌いたい」「憧れの姿で話したみたい」などが挙げられます。逆に、人や数字に左右される目標・夢・やりたいことは、「人気者になる」「登録者数○○万人にする」「○○円稼ぐ」といったことがあるでしょう。

自分の力では、どうしようもない目標を持つよりも自分の力で達成できる目標を設定するほうが活動を長く続けることはできるでしょう。




すぐにやめてしまうVTuberと長く続けるVTuberの大きな違い

それぞれの特徴について色々と書いてきましたが、少しは特徴がわかったでしょうか?

ここまで読んでいただけた方は、すぐにやめてしまうVTuberと長く続けるVTuberの違いがなんとなくわかってはいるかもしれません。

私的には、すぐにやめてしまうVTuberと長く続けるVTuberの最も大きな違いは「VTuber活動を楽しんでいるか」ということだと思います。

すぐに活動をやめてしまうVTuberは活動を楽しんでおらず、長く続けるVTuberは活動を楽しんでいるのではないでしょうか。(※仕事としてVTuberをしている場合は除きます)

収益化できていない場合は、特に「楽しくなければ活動を継続するのは難しい」のかもしれません。

ということで、楽しめるか・楽しめないかが活動をすぐやめるか長く続けるかには大きな影響を与えているといえるでしょう。




長期間活動をしていれば人気VTuberになれる?

長期間活動していれば、徐々に人気になっていくこともあるでしょう。
しかし、ダラダラとてきとうな活動をしていては人気になれる可能性は低いと思います。

「継続は力なり」ともいうように、何年・何十年としっかり活動していれば芽がでて人気VTuberになることがあるかもしれません。

そのため「VTuber活動をとにかく長く続けること自体に意味はあるはず」です。

特に人気VTuberになりたいと考えている方は人気がないからといって、活動をすぐにやめてしまうとこれまでの時間が無駄で意味のない行動になってしまうかもしれません。

VTuberの方は、今後をよく考えた上で活動を続けるのか、やめるのかを検討するようにしてみてください。

桃野まゆり
長期間活動を続けるためにも「楽しく活動を継続すること」は非常に大切になってきます。そのため、まずは楽しく活動することを意識しましょう。




おわりに

今回は「活動をすぐにやめてしまうVTuberと長く続けるVTuberの特徴」を色々と書いてきました。

活動をすぐやめてしまう・長く続けるVTuberVTuberの特徴は?
すぐに辞めてしまうVTuberの特徴:VTuberがあまり好きではない、他のVTuberと自分を比べすぎる、頑張りすぎる、自分だけ特別だと勘違いしている
長く続けるVTuberの特徴:活動を楽しんで行っている、VTuber仲間大切にしている、人や数字に左右されない目標がある

活動をすぐやめてしまう・長く続けるVTuberの違いは?
活動を楽しんでいるかどうか
長期間活動をしていれば人気VTuberになれる?
確実に人気なれるかはわからない。人気になれる可能性は高くなるかも?

VTuberやこれからVTuberになる方は、とにかく「自分が活動を楽しむこと」を忘れずにいてください。
人に左右されすきず、自分のやりたいことを全力で行うことが活動を長く続けるコツだと思います。

目先のお金や数字だけに惑わされずに、やりたいことをして楽しんでVTuber活動を行なっていきましょう。