人気になりたいVTuberは「自分自身を客観視すること」が大切!

人気になりたいという思いから、VTuber活動を始めることもありますよね。

そうは思っていても「どうしたらいいのだろうか」「何をすればよいのだろうか」と悩むことありませんか?

このような悩みがある方は、まず自分を客観視することが大切だと思います。

ここでは

「なぜ人気になるためには客観視すれば良いのか」
「どのように客観視すれば良いのか」

などを書いていきます。

人気VTuberに少しでも近づきたい方はぜひ、お読みください。



まず「客観視する」ってなに?

客観視の意味は次の通りです。

物事を自分の利害や感情などを除いた観点で考える、客観的に考える、などの意味の表現。
出典:weblio辞書【客観視】

自分の利益・損害・想い・気持ち・感情を考慮せずに他者を見ているようなつもりで自分を見るということでしょう。

簡単にいうと、他人をみているような感覚で自分のことをみるということです。

人気VTuberになるためになぜ客観視する必要があるのか?

人気になるためには多くの人から「面白い」「魅力的」「気になる」と思ってもらう必要がありますよね。

自分だけにしか理解できないようなことばかりしていては人気が出る可能性は低いです。

そのため、客観視することが必要になってきます。

とはいえ、他人の気持ちや感覚を確実に分かろうとするのには無理があります。

客観的にみてみようという気持ちが重要でしょう。

完全に主観的に動画を作ったり、配信をするのではなく少しでも客観視できるといいと思います!

何をどのように客観視すればいいの?

「客観視しましょう!」といってもなかなか難しいです。

何をどのようにすればいいの?と思いますよね。

客観視がイマイチわからないという方は以下のことに気をつけてみてください。

・動画に分かりづらいところはないか
・動画や配信は本当に面白いか
・勘違いをさせてしまうようなところはないか

動画に分かりづらいところはないか

動画でわかりづらいところはないかを考えるといいでしょう。

例えば以下のようなものです。

・話している内容
・編集
・サムネイル
・概要欄

とはいえ、なかなか自分で分かりづらいところを探すのは難しいですよね。

しかし、大きなミス自分自身でも理解しにくいところはないかというようなことは最低限は確認するようにしましょう。

自分で理解できないところは他者に理解してもらうことは到底不可能です。

理解できないような動画、面白くない動画では人気が出る可能性は低いと思います。

そのため、人気になりたい場合は動画投稿前に客観的に動画を見るように心がけましょう。

動画や配信は本当に面白いか

投稿する動画が本当に面白い、魅力的なものでるか考えるようにしましょう!

人気になりたいと思っていない場合は面白さを気にする必要はないです。

しかし、少しでも人気になりたいと思う気持ちがある場合は「自分の動画が本当に面白いか」を客観的に考えていく必要があります。

特に以下の点に注意してください。

・自分のことをよく理解していない人でも楽しめるか
・身内ノリになっていないか
・自分でも面白いと感じる瞬間が動画の中にあるか

まず、自分自身を知らない人に興味を持ってもらうには多くの方に楽しんでもらえる動画でなければなりませんよね。

YouTubeに投稿する動画は、身内だけに見せるホームビデオではないということを理解しておくと良いでしょう。




客観視するだけで人気VTuberになれるの?

正直なところ、客観視するだけで人気になることは難しいかもしれません。

これをやっておけば確実に人気が出るという方法はありません。

しかし、様々なことを行うことで人気になる可能性は上がるでしょう。

VTuberとして人気になるのは運の要素も強いです。

チャンスを増やすためにも、自分にできる限りやれることはやってみましょう。

客観視して動画を作っていくことで、あなたの想像する人気VTuberへ近づくことができる可能性はあります。

自分にできることはどんどん試して損はないと思います。




おわりに

今回は「人気になりたいVTuberは客観視することも大切」だということを書いてきました。

客観視をしただけで確実に人気になることはないとしても人気になる可能性があがるはずです。

人気なりたいけれど何をすればいいかわからないという方は特に以下の点に気をつけましょう。

・動画に分かりづらいところはないか
・動画や配信は本当に面白いか
・勘違いをさせてしまうようなところはないか

「あれをやっておけばよかった」と後悔しないようにできることはすべてやるようにしてくださいね。