VTuberは気持ち悪い?そう思われる理由は?

当ブログに訪れてくれた方の検索ワードに

「VTuber 気持ち悪い」
「VTuber ノリ」
「VTuber 苦手」

などネガティブなワードを見かけます。

ということで、今回はVTuberの気持ち悪さ・ノリ・苦手ということについての書いていこうと思います。



実際、VTuberは気持ち悪いと思っている人はいる?

結論から言うと、います。

私自身、VTuberを気持ち悪い、苦手と思ったことが多々あります。
申し訳ないですが…。

結局、気持ち悪いというのは個人がどう思うのかによりますよね。

気持ち悪いと思えば気持ち悪い
好きだと思えば好き

といっても、VTuber自体すべてが気持ち悪いということではないと思います。

中には気持ち悪い人もいるということではないでしょうか。

本当にエンターテイメント性があって面白いVTuberもいます。

ですが、気持ち悪い人が複数名いる場合は、全体的にも気持ち悪い界隈に感じてしまいますよね。

インタビューをさせていただいた元VTuberのHさんはVTuberのノリが苦手なようでした。

詳しくは下記インタビュー記事をご覧ください。




VTuberの何が気持ち悪いのか?

私も含め、VTuberを気持ち悪いと思っている人が存在していることがわかりました。

では、VTuberの何が気持ち悪いのかを書いていきたいと思います。

簡単に言うと以下のようなことが気持ち悪い要素ではないでしょうか。

・ノリ
・ファンの囲い
・パパ活のようになっていること
・自己顕示欲の高さ

それぞれ詳しく書いていきます。

気持ち悪い要素1:ノリ

まず、1つ目はノリが寒い・気持ち悪いということです。

VTuber界隈には次のような考えが広まっているように思います。

「VTuberは全員好きでなければいけない」
「仲良くしなければいけない」
「リプライやコメントをしなければいけない」

このようなノリ(感覚)が合わない場合は、気持ち悪いと感じるでしょう。

気持ち悪い要素2:ファンの囲い

ファンの囲いは「本人」と「そのファン」以外の人にとっては非常に気持ち悪い要素です。

濃いファンや囲いが当たり前にやっているようなことでも、ライトなファンや初見の人からすると気持ち悪いと感じます。

「VTuberは教祖なのか」と思うくらいに濃いファンもいます。

これは、VTuberが気持ち悪いというよりもそのファンが気持ち悪いということになりますね。

パパ活のようになっていること

VTuberの中には「欲しい物リストから何か買ってもらう」「投げ銭をしてもらう」「クラウドファンディング」をするといったことを目的にしている方もいます。

それが、リアルで言う「パパ活」みたいに感じることがあります。

ファンに喜んでもらい何かを貢いでもらう。

パパ活のようですよね。下心が丸見えです。

利害関係は一致しているのでいいですが、リアルにあるそういうお店と同じように感じます。

それをなんでもないような感覚でやってしまうところが少し気持ち悪いです。

自己顕示欲の高さ

自己顕示欲は誰にでもあるものだと思いますが、VTuberは特に自己顕示欲が高い人が多いように思います。

その自己顕示欲を丸出しにしていればまだいいです。

一番気持ち悪さを感じるのは「人を笑顔にしたい」「勇気を与えたい」「~を知ってほしい」というような自己顕示欲は一切ないように見せかけるVTuberです。

自分は目立たなくてもいいけれど…と言っておきながら自己PRが強すぎるVTuberはわけがわかりません。

人にある欲求を隠すのは少し嫌な気がしますよね。




VTuberを変えようとするのは時間の無駄!

気持ち悪いVTuberやファンを変えようとしたり、界隈を変えようとするのはやめましょう!

1人の力で何かを変えることはほぼ無理なので、何をしてもただの時間の無駄遣いになってしまいます。

VTuberが気持ち悪いと感じるのなら無理に見る必要はないです。

今すぐに考えることをやめて、好きなことをしましょう!

嫌なものをわざわざ見て、文句をいうのは時間がもったいない。

もし、どうしても色々言いたいことがあればブログに書いたりしてお金に変えることがおすすめです。

好きなことをいってお金を稼げるなら最高ですよね。

私は、VTuberに限らずに嫌いなものや気持ち悪いと感じるものは極力見ないようにしています。そして、思ったことは基本的にブログに書くようにもしています。

ブログは無料で始めることもできますので、何か言いたいことがある方はブログを初めてみてくださいね!

はてなブログ無料で始められるのでおすすめです。