VTuberの引退を引き止めるファンはほぼいない(少ない)?




現在、活動を開始するVTuberもいれば、引退するVTuberも存在しています。

引退するVTuberの場合は基本的に、事前に報告(引退宣言)をされるでしょう。

この際に「寂しいからやめないで!」と名残惜しそうにするファンの方「○○ちゃんが決めたらなら応援するよ!」「お疲れ様!」などさっぱりとした態度で送り出すようなファンの方がいたりとその反応は様々です。

最近、さっぱりとしたファンの対応に対して「VTuberの引退をファンが悲しんだり・引き止めないことはおかしい」とおっしゃている方を見かけました。

ということで、今回は「VTuberが引退宣言をした時のファンの反応」について色々と考えていきたいと思います。




VTuberが引退宣言をしても引き止めるファンはいない?

実際にVTuberの引退宣言のツイートのリプを見てみると、引退を引き止めるファンの方はほぼいません。

VTuberちゃん
VTuber活動を引退します。
男の子
わかった!VTuberちゃんが決めたことだし応援するよ!
女の子
わかりました。今まで本当にありがとうございました!!

以上のように、比較的さっぱりしたコメントが多くなっています。
中には悲しみを前面に出している方もおりますが、ごく少数です。

実際のリプはこちらに掲載することができないため、気になった方はVTuberの引退宣言ツイートのリプをご覧になってみてください!




VTuberの引退を引き止めるファンが少ない理由

ここまで、VTuberの引退を引き止めるファンの方は非常に少ないということを書いてきました。
では、なぜ少ないのか。その理由は次のようなことが考えられます。

引退を引き止めるファンが少ない理由
  1. 最後くらいは明るく見送りたいから
  2. 悲しんでいる姿をみせたくないから
  3. 本人が決めたことを尊重したいから
  4. 引き止めたところでどうしようもないから

以上の4つについて説明を加えていきます。

① 最後くらいは明るく見送りたいから

VTuber自身のことをよく考えている優しいファンの方は「最後くらいは笑顔で見送りたい」と考えるのでしょう。

そのため、VTuberの引退を引き止めるような発言はしないのだと思います。

② 悲しんでいる姿を見せたくないから

強がりなファンの方「悲しんでいる姿を見せたくない」と考えるのでしょう。

強がりなファンの方というのは、「自分の気持ちをVTuberに伝えたところでどうにもならない」ということをしっかりと理解した現実的でしっかりしている方が多いのだと思います。

とにかく、自分の悲しんでいる姿を見せてVTuberを不快な気持ちにしてしまうことは避けたいと考えられる、強く優しい方は引退を引き止めるような発言はしないのだと思います。

③ 本人が決めたことを尊重したいから

ファンとしてVTuberを応援しているという、線引きのできたしっかりとした考えのファンの方は「本人が決めたことを尊重したい」と考えるのでしょう。

この想いを持った方は、VTuberのことをよく考え、優しい方が多いはずです。

心の底から応援している場合は、自分の悲しさよりもVTuber本人の今後のことを考えることができるため、引退を引き止めるようなことはしないのだと思います。

④ 引き止めたところでどうしようもないから

現実的な方は「引き止めたところでどうしようもない」と考えるのでしょう。

あくまでも自分はファンの1人だということをしっかりと分かっている現実的な方は引退を引き止めるようなことはしないのだと思います。ほぼ諦めに近いとも言えます。

実際に、1人が引退を引き止めようとしたところで無理があるため、こちらの想いを持っている方は現実的で優しく真面目な方が多いのかもしれません。




VTuberの引退を引き止めないのは悲しいことではない!

「ファンが全く引退を引き止めてくれないから悲しい(切ない)」という意見を聞くことがあります。

しかし、私はそんなことないと思っています。

ファンの方に「やっと辞めるのか」「早くやめろ」といわれてしまったら悲しいです。「お疲れ様でした!」「今後を応援しています!」と明るく送り出してくれることは逆に嬉しいことにも感じます。

明るく引退を受け入れてくれるファンの方というのは「VTuber自身のことを心から好きで、本当によく考えてくれる優しい方」なのではないかと思います!

自分の快楽のためだけに、応援している方ほど悲しみを前面に出して引退をさせないようするはずです。

あまりにも悲しみ、自分の悲しさをVTuberにぶつけるファンが大量に現れてしまうとVTuber自身の負担が大きくなってしまいます。

以上のようなことから、VTuberの引退を引き止めるファンがほぼいないということは全く悲しいことではないでしょう。

むしろ、明るく引退を受け入れてくれる方が多い場合は、濃いファンが多い証拠でもあると思うため喜んでもいいかもしれません。




おわりに

今回は「VTuberファンに引退を引き止めるファンの方が少ない?」ということを書きました。

実際に、VTuberの引退の際に、悲しみを全面に出して引き止めようとする方は少ないです。
それには様々な理由があると思います。

中には、まったく悲しそうにしてくれないことに悲しく感じる方もいるかもしれません。しかし、それは本当にVTuber自身のことをよく考えている濃いファンの方が多い証拠でもあると思います。

VTuber活動の仕方やファンとしての応援の仕方は自由ですので、小さなことに一喜一憂せずに強くVTuber活動をしていただければと思います。