スタートダッシュをしすぎなVTuberはすぐに活動をやめてしまう?

VTuberとしての活動のしかたは人それぞれですが、「スタートダッシュをしすぎ」なVTuberはすぐに活動をやめてしまうように思います。

今回はスタートダッシュを決めるVTuberについて色々と書いていきます。



スタートダッシュを決めるVTuberはすぐやめる?

確実に全員すぐにやめるというわけではありません。

しかし、大体のVTuberはいなくなるように思います。

特に個人勢VTuberでスタートダッシュしすぎな方は大体いなくなります。

動画の投稿頻度も高く、ほぼ24時間Twitterにいるような方は1ヶ月前後で活動を休止するか、引退しているようです。

このような方はチャンネル登録者数はすぐに数百人程度にはなります。そして、Twitterのフォロワーもすぐに1000人を超えています。

しかし、パッと現れて、パッと消えていきます。

あなたの知ってるVTuberにもスタートダッシュを決めてすぐにやめていった方っていませんか?




スタートダッシュを決めるとすぐにやめるのはなぜ?

「スタートダッシュを決めているし、このままいけば人気になれるんじゃないの?」と思うような人ほどすぐにやめていくのはなぜなのでしょうか。

その理由は次のようなことが考えられます。

頑張りすぎて燃料切れ

これに限ります。

何をするしても最初に飛ばしすぎてしまうと後で頑張る力がなくなってしまいます。

走るのと同じだと思います。

最初に全力疾走してしまうと、後々力なくなって最後まで走れなくなりますよね。

VTuber活動でも、最初に全力を出し切ってしまったら活動を続ける力がなくなってしまって当然。

活動を続ける力がないなら活動休止もしくは引退するしかないですよね。

特に、自分に備わっている力が少ない方はすぐに活動をやめてしまうように思います。

そして、頑張っているのに結果が出ないという状態になってしまう人も多く、毎日全力で活動しているVTuberは息切れしてやめてしまうこともあるでしょう。

これ以上頑張るのも辛いし、頑張る気力もないとなってしまったら引退するしかなくなってしまうのかもしれません。

とにかく、頑張りすぎて燃料切れがスタートダッシュを決めている人がすぐにやめていく原因ではないでしょうか。

スタートダッシュせずにマイペースに活動したほうがいい

私は「スタートダッシュをすると息切れする人が多いので、マイペースに活動したほうがいいんじゃない?」と思っています。

特に個人勢VTuberでゼロから活動を始める方にとっては、スタートダッシュすることはオススメしません。

スタートダッシュをしたとしても、個人勢VTuberはなかなか人気が出ないのでそれに耐えられなくなってやめてしまう可能性が高くなります。

そのため、のんびりとやりたいことを自分のペースでやっていった方がいいと思います。

最終的にも生き残るのは自分のペースを保っている方だと思います。

同時期に活動を始めたVTuberや自分よりもあとに活動を始めたVTuberがどんどん人気になっているのを見かけるとおいていかれた気持ちになってあせるかもしれません。

しかし、他者のペースと自分のペースは違うので周りを気にしても仕方ないです。

「よーし負けないぞ!」と狂ったように全力を出すよりも、確実に自分のできること・やりたいことをしっかりやっている方がいいと思います。




おわりに

今回はスタートダッシュを決めるVTuberはすぐに活動をやめることを書いてきました。

VTuber活動でスタートダッシュを決めるのはもちろんいいですが、どのような時でも自分のペースを崩さないことを忘れないようにしましょう。

頑張りすぎて燃料切れで活動をやめてしまうのはもったいないように思います。

といっても、自分自身を一番わかっているのは自分です。

スタートダッシュをしてもやめずに成功する人もいますし、自分のペースを保って辞める人もいます。

結局は自分に合ったやり方を発見するのがいいでしょう。