VTuber約1700人の登録者数を調べて割合を出してみました!【グラフあり】




VTuber人口はそろそろ1万にを超えるのではないかというくらいに多くなってきています。

活動しているVTuberは多いものの、登録者100万人超えの超人気VTuerはごく一部です。

ということで、今回はVTuberの登録者の割合を調べてみました。
その結果をここで公開します。




チャンネル登録者数の調べ方

まず、チャンネル登録者の調べ方としては「VTuber一覧サイト」「Twitterの#VTuberでの検索」「YouTubeでVTuberを検索」という手段を使って調べていきました。

登録者数の集計対象VTuberと条件は以下のようにしました。

  • VTuber(バーチャルYouTuber)と名乗っている
  • 動画を1本でも投稿している方
  • 実写動画ばかりの方は除外
  • 企業、個人は区別しない
  • 活動期間は考慮しない

超人気VTuberから新人VTuberまでランダムに合計で1792名分の登録者数を調べ、登録者数の割合を出しました。




VTuberの登録者数の割合調べの結果

1792人のVTuberの登録者数を調べた結果、登録者数別の割合は次の図のようになりました。

図 VTuberの登録者数別割合のグラフ

数字だけをまとめると以下のようになります。
 

  • 0~999人―67.7%
  • 1000~9999人―19.6%
  • 1万~9.9万人―9.8%
  • 10~99万人―2.7%
  • 100万人以上―0.2%
  •  

    調べてみると、「半分以上がチャンネル登録者数1000人に到達していない」ということがわかります。

    登録者数が増えるとチャンネルの数は減っていき「登録者100万人以上となると「A.I.Channel」「A.I.Games」「Kaguya Luna Official」の3チャンネルしかありません」でした。




    登録者数調べからわかったVTuberのこと

    今回登録者数を調べてみてわかったことがいくつかあったので紹介します。
     

    登録者調べでわかったこと
    1. 現状、VTuberとして人気になれる方は少ない
    2. 活動期間と登録者数はあまり関係ない
    3. 女性VTuberの方が人気が出やすい
    4. 個人勢よりは企業勢の方が人気が出やすい

     

    桃野まゆり
    現在はVTuberだから誰でも人気になれるということはない!!

    以前はVTuberと名乗ることで、誰でもある程度は人気になることが可能でした。

    しかし、現在は魅力がなければ人気なることは難しいでしょう。
     

    桃野まゆり
    活動期間が長ければ人気になるということはない!!

    実際に数年活動しているVTuberよりも活動期間数ヶ月程度のVTuberの方がチャンネル登録者数が多いということもあります。

    ただ単に活動期間が長いというだけでは、人気になるのは難しいようです。
     

    桃野まゆり
    チャンネル登録者数が増えやすいのは圧倒的に女性VTuber(バ美肉も含む)

    現在、登録者数100万人以上のVTuberは女性のみです。
    また、登録者数10万人を超えるVTuberのほとんども女性VTuberでした。

    ということからも、比較的伸びやすいのは女性VTuber(バ美肉も含む)であるように思います。

    だからといって、男性VTuberが伸びないのかというとそうではありません。魅力的な男性VTuberさんは少数ですが人気があるようでした。
     

    桃野まゆり
    個人勢よりも企業勢のほうが人気がでやすい傾向がある

    登録者数1000人以下のVTuberの9割は個人勢VTuberの方です。仕方ないことなのかもしれませんが、やはり企業勢VTuberは強いように思います。

    個人勢VTuberでも、登録者数10万人を超えているVTuberはいるでしょう。

    やる気と運次第で個人勢VTuberが企業勢VTuberを越せる可能性はあります。



    おわりに

    今回は、VTuber約1700人の登録者数を調べてみました。

    私的には、登録者数1000人を超えているVTuberはもう少し多いように思っていました。しかし、詳しく調べていくと意外と少ないことがわかりました。

    数年後に登録者数の割合を調べ、どのように変化しているのかを比べてみたいような気もします。

    そのときには「登録者数100万人を超えている方が増えているといいなぁ」と思います。

    なかなか、登録者数を増やすことは難しいですがまだまだVTuber界隈にも希望はあるはずです。

    VTuberさんにはぜひ楽しく活動を続けていってほしいと思います!!