VTuber活動は2Dと3Dどっちがいい?違いは?【メリット・デメリットを紹介】




VTuber活動の方法としては「2Dモデルで始める」「3Dモデルで始める」というものがあります。

なかなか、どちらで始めれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

ということで、今回は「2D・3DVTuberの違い」「2D・3Dのメリット・デメリットを紹介」「活動をするならどっちがいい?」ということ書いていきます。



2D・3Dとは?

2Dも3Dもイマイチわからないという方もいるでしょう。

そのため、まずは2D(モデル)と3D(モデル)について説明します。

2D(モデル)

2D(2 dimension)=2次元

奥行きや立体感というものはなく、縦・横のみの「平面」です。

簡単に書くと下の画像が2Dです。

「2Dモデル」は、縦・横のみの平面で描かれたイラストが動いているモデルのことをいいます。

3D(モデル)

3D(3 dimensional)=3次元

縦、横、奥行きがあり「立体」です。

簡単に書くと下の画像が3Dです。

「3Dモデル」は、立体的で縦・横に加えて奥行きがあるモデルのことをいいます。

2D・3D VTuberの違いは?

2D、3Dのことを説明してみましたが、なんとなくわかりましたか?

それはさておき、2Dモデルで活動するVTuberと3Dもでるで活動するVTuberには様々な違いがあります。

ここからはそれぞれの違いについて説明していきます。




活動方法・内容の違い

まず、活動方法と内容にも少々違いがあります。

2DモデルVTuber動くキャラクターのイラストを利用して活動する

できること:トーク、ゲーム実況、生放送、歌ってみた、描いてみた など
できないこと:自由に身体を動かすこと

3DモデルVTuber立体的な3Dキャラクターを利用して活動する

できること:トーク、ゲーム実況、生放送、歌ってみた、描いてみた 自由に動くこと など
できないこと:ないかも?


2Dモデルで活動するVTuberと3Dモデルで活動するVTuberで、できることに大差はありません。

大きな違いといえば「自由に身体を動かすことができるか、できないか」ということです。

3Dモデルの場合は、手や足といった身体を自由に動かすことは比較的簡単です。

2Dモデルの場合は、“自由”に動かすということは難しいです。身体を横に動かす、首を横に動かす、手を振るというような簡単な動きであれば可能です。

必要なものの違い

次に、必要なものに違いがあります。

2DモデルVTuberで活動する場合に必要なもの

・2Dモデル
・キャラクターを動かすためのソフト
・PC
・ウェブカメラ
・マイク
・その他(活動内容による)

3DモデルVTuberで活動する場合に必要なもの

・3Dモデル
・PC
・VR(全身を動かしたい場合)
・トラッカー(関節なども動かしたい場合)
・マイク
・その他(活動内容による)


見ていただいてもわかるように、必要なものは結構違います。

2Dモデルで活動するVTuberの方が、必要なものを揃えるためのお金はかかりません。また、必要なものも2Dで活動する場合の方が少ないです。

3Dモデルで始める場合は高いイメージがあるかもしれませんが、最近では簡単に安く始められるようになってきています。VRがなくても、3Dモデルで活動することも可能です(ただし、自由に動くことは難しい)。

どちらもモデルに高いクオリティーを求めたり、活動環境、機材などにこだわった場合は準備も大変になり、お金も多くかかってくることには変わりません。




人気の違い

次に、それぞれの人気の違いについて見ていきましょう!

2020年2月6日時点の50位までの登録者数ランキングは次のようになっています。

ランキングのみかた見方

順位 チャンネル名【利用モデル】

【3D】=3Dモデル利用
【2D】=2Dモデル利用
【3D/2D】=どちらも利用(先に書いてあるモデルの利用が多め)


ランキング

1 A.I.Channel【3D】
2 A.I.Games【3D】
3 Kaguya Luna Official【3D】
4 Mirai Akari Project【3D】
5 Siro Channel【3D】
6 HIMEHINA Channel【3D】
7 ひなたチャンネル (Hinata Channel)【3D】
8 月ノ美兎【2D/3D】
9 ヨメミ V-AR チューバー -萌実-【3D/2D】
10 本間ひまわり – Himawari Honma -【2D/3D】
11 フブキCh。白上フブキ【2D/3D】
12 ここあMusic【3D】
13 YuNi – virtual singer -【3D】
14 ゲーム部プロジェクト【3D】
15 Natsumi Moe – Virtual YouTuber【3D】
16 シフィ – Sifir Esirer -【2D】
17 SoraCh. ときのそらチャンネル【3D】
18 樋口楓【にじさんじ所属】【2D/3D】
19 Shizuka Rin Official【2D/3D】
20 Aoi ch.【3D】
21 鈴鹿詩子 Utako Suzuka【2D/3D】
22 バーチャルおばあちゃんねる【3D】
23 Kuzuha Channel【2D/3D】
24 天神 子兎音 Tenjin Kotone【3D/2D】
25 織田信姫【3D】
26 Matsuri Channel 夏色まつり【2D/3D】
27 バーチャル番組チャンネル【―】
28 Haato Channel 赤井はあと【2D/3D】
29 Kanae Channel【2D/3D】
30 おめがシスターズ [Ω Sisters]【3D】
31 ケリン【2D/3D】
32 鳩羽つぐ【3D】
33 Pinky Pop Hepburn Official【3D】
34 さなちゃんねる【2D/3D】
35 Roboco Ch. – ロボ子【3D】
36 ♥️♠️物述有栖♦️♣️【2D/3D】
37 勇気ちひろ【2D/3D】
38 森中花咲【2D/3D】
39 もこめめ*channel【3D】
40 剣持刀也【2D/3D】
41 エルフのえる / にじさんじ所属【2D/3D】
42 燦鳥ノム – SUNTORY NOMU -【3D】
43 Mari Channel【3D】
44 宇志海いちご【2D/3D】
45 -かんなチャンネル-Kanna Channel【3D】
46 あおぎり高校ゲーム部【3D】
47 夜桜たま【3D】
48 ぽんぽこちゃんねる【3D/2D】
49 【世界初?!】男性バーチャルYouTuber ばあちゃる【3D】
50 バーチャル債務者youtuber天開司【3D/2D】
(参考:https://vtuber.jp/channels)


こうみると、人気のあるVTuberは3Dモデルを利用している方が多いことがわかります。

また、最初は2DモデルでVTuber活動を始め、ある程度人気が出てから3Dモデルを作成するという方も多く見られました。

おそらく、2D/3Dモデルで活動しているから人気がでないということはないでしょう。人気に関してはそこまで大きな違いはないようです。

どちらかといえば、3Dモデルで活動したほうがインパクトを与えることはできる」と思います。




2D・3DVTuberのメリット・デメリット

当たり前ではありますが、2D・3DVTuberのそれぞれにメリットとデメリットがあります。

ということで、ここからはそれぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

2DVTuberのメリット

・準備が簡単
・安価で始められる
・モデリングを依頼できる方が多い
2DVTuberのデメリット

・自由に動くことができない

3DVTuberのメリット

・自由度が高い
・本格的に活動しているように見える
・できることが増える
3DVTuberのデメリット

・準備が大変
・活動にお金がかかる

2DVTuberの場合でも、モデルや機材にこだわった場合は3Dモデルよりもお金がかかることがあったり、3DVTuberの場合でも、モデルを簡単に作れるソフトなどで作成すると準備が簡単になることがあります。

そのため、やり方次第ではそれぞれのメリット・デメリットが大きく変わってきます




VTuber活動は2D・3Dどっちがいいの?

オススメは「あなたの活動計画やこだわり、好み」によって変わってきます。

実際のところ、これから先VTuber界隈がどのようになっていくのかはっきりとはわかりません。

今の段階であなた自身が後悔のないモデル選択をしていただきたいと思っています。

VTuberの中には、2Dモデルと3Dモデルをどちらも持っており、使い分けている方も多くいます。

また、最初は2Dモデルから始め、しばらくして人気がでてから3Dモデルを取り入れるという方も存在しています。

どちらか一方を選べないという方へは「2D/3Dモデルをどちらも作ってしまうことをオススメ」したいです。しかし、そうなると準備が大変になってしまったり、金銭的に厳しくなってきますので強くオススメはできません。

そのため、「まず、2Dモデルで活動をし、ある程度人気になってから3Dモデルを導入する」という方法を私は最もオススメします。

「3Dデビューする」という1つの目標もできるため、この方法が最も良いかもしれません。

とはいえ、最終的に活動を決めるのはあなた自身です。
モデル選びの際にはよく考え、後悔のないようしてください!




おわりに

今回は、2Dモデルと3Dモデルについて色々と書いてきました。

ここまで読んでいただけるとわかると思いますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。そのため、モデルをどうしようかと悩んでしまうことはあるでしょう。

時間やお金はかかってしまいますが、活動開始は2D(もしくは3D)モデルではじめ、途中で3D(もしくは2D)モデルを導入するということも可能であるため、大きな心配はいりません。

ですが、あなたの活動内容や予算、知識、技術に合わせ、後悔のないようにモデルをお選びくださいね。