FaceRigの顔認証がうまくいかない時の原因と対処法を紹介!【VTuber向け】




VTuber活動をしていると「顔認証がうまくいかない!!」という経験をされる方がもいるでしょう。

顔認証がうまくいかないけれど対処法がわからないという方のために、当記事では顔認証を正確に行う方法を紹介していきます。




FaceRigの顔認証がうまくいかない原因と解決方法

FaceRigで顔認証がうまくいかない原因と解決なることをご紹介します。

顔認証がうまくいかない原因は?
  1. 設定したウェブカメラが違う
  2. 顔が正しく写っていない
  3. 部屋が暗い・明るすぎる
  4. 背景が散らかっている

それぞれの1つずつ詳しく説明していきます。

① 設定したウェブカメラが違う

そもそも、FaceRigで利用すると設定したウェブカメラが間違っていると顔認証はされません。

 これが原因の場合は設定を変更することで簡単に解決します。
 まずはウェブカメラの設定をご確認ください。

② 顔が正しく写っていない

「顔が正しく写っていない」というのは原因の1つとしてよくあげられるものです。

ピントがずれていたり、顔が見切れている、近すぎる、遠すぎるという場合は顔認証がされなくなります。

 ウェブカメラの位置を調整し、適切な位置でFaceRigを利用するようにしましょう。

③ 部屋が暗い・明るすぎる

「部屋が暗い」「部屋が明るすぎる」という場合は顔を正しく認証できなくなってします。

 部屋が暗い場合は、明るくなるようにライトを利用するといった工夫をしましょう!
 明るい場合は場所を変える、ライトを変更するといった工夫をで解決できるはずです。
 様々な方法で明るさの調整をして解決していきましょう!

④ 背景が散らかっている

「背景がごちゃごちゃしていて、散らかっている」という場合も顔を正しく認識してくれない可能性があります。

 背景を整える、場所を移動する、グリーンバックを利用するなど解決方法としては様々なものがあげられます。




FaceRigの顔認証を正確に行うために

より正確に顔認証を行うための方法をまとめます。

顔認証を正確に行うために
  • FaceRigの設定を見直す
  • 顔が正しく写っているか確認する
  • 明るさを見直す
  • 背景を整える

以上4つをすべて見直すことで顔認証を正しく行えるでしょう。

全て試したけれど、解決できない場合はFaceRigもしくはウェブカメラに何かしらの問題がある可能性が高いです。

FaceRigの再ダウンロードやウェブカメラの再読み込み、モデルの調整をする必要があります。




おわりに

今回は「FaceRigの顔認証がうまくいかない時の対処法」を書いてきました。

FaceRigで顔認証がうまくいかない原因としては「設定したウェブカメラが違う」「顔が正しく写っていない」「部屋が暗い・明るすぎる」「背景が散らかっている」といったことがあげられます。

これらの原因を見直しても解決しない場合は、ウェブカメラ自体がおかしい、FaceRigの不具合、PCの故障なども考えられるでしょう。

「FaceRigで正しく顔認証がされない」という場合はまずはこちらで紹介して方法をお試しいただければと思います。