ブログの方向性を変えるとどうなる?3回の方向転換でわかったこと




ブログの方向性やテーマを決めるのはなかなか難しいでしょう。
1度方向性を決めたとしても、途中で方向性を変えたくなることもあると思います。

私はこれまで色々なことがあり、3回ほどブログの方向性を大きく変えています。3回ブログの方向性を変えてわかった方向性を変えるのはアリかナシか、途中で方向性を変えるとどうなるのかといったことをこちらの記事に書いていきます。

この記事で解決!

  • ブログの方向性を変えるのはアリ?ナシ?
  • 方向性はどこまで変えても大丈夫?
  • ブログの方向性を変えるときに気をつけることは?
  • 方向性を変えるメリット・デメリットは?

ブログの方向性を変えようかと悩んでいる方はぜひ最後までお読みください。




ブログの方向性を変えるのはアリ?ナシ?

結論からいうと、方向性を変えるのは「アリ」です。

当ブログでは、これまでに方向性(テーマ)を3回変更していますがアクセス数や収益には特に影響がありません。むしろ、日々アクセス数も収益も伸びています!

具体的な数字は伏せますがこのような感じ↓です。

爆発的な伸びはありませんが、異常な下がりもありませんでした。

そのため、結果から言うと「ブログの方向性(書く内容)を大きく変えても問題ない」ということになります。

方向性を変えたいと思った時には変えてしまって大丈夫です。

無理に書きたくないことを書いていて、ブログの更新が減るよりも書きたいことを書いて更新頻度をあげたほうが今後のためには良いでしょう。

特に、始めたばかりのブログや1日のPV数が数百程度であれば、どんどん方向性を変えていいと思います。




方向性はどこまで変えても大丈夫なの?

方向性を変えてもブログのアクセス・PV数や収益に大きな影響はありませんといっても、「あまりにも大きく変えたらさすがにまずいのではないか?」と思う方もいるでしょう。

しかし、大きく変更しても全然大丈夫です!!

記事の更新さえしていれば、どれだけ方向性を変更してもいいでしょう。

具体的には、以下のようなくらい大幅に方向転換(テーマ変更)しても大丈夫です。

  • 食品レビュー系ブログ→ファッション系のブログ
  • ペット系ブログ→ガジェット系ブログ

 

私の場合は以下のように変えていきました。

  • 日記ブログ(雑記)→動画・映画ブログ→ネット関連ブログ→現在

全く関係ないジャンルに変更していますが、本当に影響はありませんでした。

ということで基本的にはどのように方向転換しても大丈夫です!




ブログの方向性を変えるときに気をつけること!

ブログの方向転換をする際に気をつけてほしいことはただ1つです。

「これまでに書いた記事を全て消して、一新はしない!!!」

私は1回の一新+3回の方向転換をしています。

一新をした際には、これまで書いていた記事は全て消しました。

記事を消してしまえば、当たり前ですがアクセスしてくれた人が記事を読めません。すると、PV数はもちろん収益はぐんと下がります。
そのため、PV数がそこそこある場合や収益が数万円以上発生している場合などは伸びの良い記事は残しておくのがオススメです。

一新する際は「0からのスタート」という覚悟をしましょう。

私は、今後方向性を変えるようなことがあったとしても一新は絶対にしません。

積み重ねてきたことをすべて手放す行為になるのでお気をつけください。



方向性を変えるメリット・デメリット

ここまで、ブログの方向性を変えるということを書いてきました。

では、ブログの方向性を変えるメリット・デメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを書いていきます。

方向性を変えるメリット
ブログの幅が広がる
今までとは違う人がブログを訪れる
気持ちが楽になる
方向性を変えるデメリット
方向性を見失う可能性がでてくる
固定で見てくれてた人が減る可能性がある

それぞれに説明を加えていきます。

メリット

まず、メリットです。

  1. ブログの幅が広がる
  2. 今までとは違う人がブログを訪れる
  3. 気持ちが楽になる

① ブログの幅が広がる

これは1番のメリットでしょう。

今までとは違うことを書くようになるため自然とブログの幅が広がります。

その結果、記事の数も増えるのでブログの成長にもつながってくる可能性が高いです。

② 今までとは違う人がブログを訪れる

方向性変更すると、これまでには訪れることのなかった方がブログに来てくれるようになります。

方向性を変えることで新しい読者がプラスになる可能性もあるでしょう。

③ 気持ちが楽になる

これまでに「〜は書いても大丈夫そうかな?」「〜は書かないほうがいいかな?」と考えることにストレスを感じていた人は気持ちが楽になると思います。

あなたの精神面が楽になる可能性もあるでしょう。

デメリット

続いて、デメリットです。

  1. 方向性を見失う可能性がでてくる
  2. 固定で見てくれてた人が減る可能性がある

① 方向性を見失う可能性がでてくる

方向性を変えすぎると「結局何を書きたいんだっけ?」と方向性を見失う可能性が出てきます。

私は何度も方向性を見失っています。最終的には、自由に書くことに決めました。

方向性を何度も変える可能性が少しでもある場合は早めに「自由に書く」と決めてしまったほうがいいかもしれません。

方向性を見失うことで、書くことが思いつかなくなる可能性もあるので気をつけましょう。

② 固定で見てくれていた人が減る可能性がある

方向性を変更することで「~のジャンルのことを書いているブログだから」という理由でブログを見てくれていた方々が去っていく可能性があります。

特に、情報提供ではなく、人生論や生き方といったあなた自身のことを書いていた場合は固定の人が減りやすいでしょう。

とはいっても、方向転換後に新しく見てくれる人も増えるはずなのでそこまでの心配はいらないです。




当ブログが方向性を3回変えた理由を紹介

最後に、当ブログではどのような理由から方向性を変えようと思ったのかを少し書いていきたいと思います。

3回ブログの方向転換はそれぞれ次のような理由からでした。

1回目:一部の記事だけPVが伸びたから

最初は、体験したこと・思ったこと・感じたことを何でも書いていました。

その時にPVが伸びる記事と伸びない記事があり「伸びるジャンルの記事をかいた方がいいのかな?」と何となく思い始めました。(ノウハウ?、攻略法?、SEOといったものは全く知りませんでした。)

ジャンルを絞ろうと決め、ブログの方向性を「自由な日記」から「動画や映画関連のブログ」に変更しました。単純な理由です。

2回目:ブログの幅を広げたいと思ったから

2回目は「ブログにもっといろんなことを書きたい」と思ったのが理由です。

この時にはそこそこPV数も上がっていたため「今更変更して大丈夫かな?」という不安もありましたが、方向転換をしました。結果的には、それで良かったと思っています。

アクセス数も下がることなく、収益も減ることもありませんでした!

3回目:方向性に縛られたくないから

3回目は「方向性に縛られて好きなようにブログをかけなくなるのは嫌だなぁ」と思ったからです。

これは書いてもいいかな?と考えることがめんどくさくなり「自由」に書きたい気持ちが大きくなりました。

この時には方向性を変えても特に問題がないことを何度か経験しています。そのため、今回は「変えても大丈夫だろう」という考えが大きくなり、すぐに方向性を変える決断にいたりました。

書いた記事をすぐに全て消さなかったからかもしれませんが、PVや収益に大きな変化はなく3回ともすんなりと方向転換が完了しています!




おわりに

今回は「ブログの方向性を変えること」について書いてきました。

ブログの方向性を変えるのはアリ?ナシ?
アリ
方向性はどこまで変えても大丈夫?
どこまででも変えて大丈夫!
ブログの方向性を変えるときに気をつけることは?
これまでに書いた記事を消さないように
方向性を変えるメリット・デメリットは?
メリット:ブログの幅が広がる・今までとは違う人がブログを訪れる・気持ちが楽になる
デメリット:方向性を見失う可能性がでてくる・固定で見てくれてた人が減る可能性がある

これまで3回の方向転換をしたことによって、方向性を変えることが特に影響を与えないということがわかりました。その結果、好きな時に好きなだけ方向転換したらいいという思いになりました。

もし、ブログの方向性で悩んでいる場合は思い切って変更してみてください。

たった1つの注意点としては「これまで書いた記事は消さないこと」です。気をつけましょう!

そして、自由に好きなことを書き、充実したブログライフを送っていただければと思います。