【HDD復元】外付けHDDを誤ってフォーマット(削除)してしまった場合の対処法【4DDiG製品レビュー】

※こちらはプロモーション記事になります。

外付けHDDやHDD内のデータを誤ってフォーマット(削除)してしまい、大切なデータが消えてしまったという経験をされたことがある方もいるのではないでしょうか?

今回は「外付けHDDを誤ってフォーマット(削除)してしまった場合の対処法」として、外付けのHDDやHDDから削除したデータを復元できるソフト(4DDiG)のご紹介と使い方の簡単なご説明していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

 

HDDフォーマットによるデータ紛失の原因

予期せぬデータ紛失の主な原因としては以下のようなことが考えられます。

  • バックアップを取らずにHDDをフォーマットしてしまった
  • 誤操作によってフォーマットされてしまった
  • マルウェアに感染して強制的にHDDをフォーマットされてしまった
  • フォーマットするデバイスを間違えてしまった

など。

様々なことが原因としては考えられますが、どなたにでもHDDをフォーマットしてしまうというトラブルが起こる可能性はあるでしょう。

このような予期せぬデータ紛失の際に利用できるのソフトとして「データ復元ソフト」というものがあります。

データ復元ソフト「4DDiG」の特徴

ここからは、誤ってHDDをフォーマットしてしまった際に使用できるオススメのデータ復元ソフト「4DDiG」についてご紹介していきたいと思います!

特徴としては次のようなことがあげられます。

  1. 様々な状況から失われたデータを復元できる
  2. 1000種類以上のファイル形式をサポートしている
  3. 復元率が高い
  4. データ復元だけでなく動画修復も可能

まず、4DDiGでは「削除してしまった写真、動画、文書などの重要なファイルの復元」「誤ってフォーマットしてしまったHDD、SSD、ハードドライブ、SD カード、USB メモリのデータ復元」「クラッシュしたコンピュータの復元」など様々な状況から失われたデータの復元が可能となっています。

また、1000種類を超えるファイルとすべてのファイルシステムの回復をサポートしており、フあらゆる形式ファイルの復元ができることも特徴の1つです。

画像
JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, WEBP, CRW, RGB, CR2, NEF, ORF, SR2, MRW, DCR, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DNG, ERF, ICO, DSCなど
動画
AVI, MOV, MP4, M4V, 3GP, 3G2, WMV, MKV, ASF, FLV, FLA, AMV, F4V, SWF, MPG, RM/RMVB, MPEG, TS, VOB, MTS, DV など
音声
MP3, AIF/AIFF, M4A, WMA, WAW, APE, MID/MIDI, VQF, OGG, AAC, WAV, FLAC, DTSなど
オフィス文書

DOC/DOCX, XLS/XLSX, PPT/PPTX, CWK, HTML/HTM, INDD, EPS, RTF, EPUB, PDF, CHM, CSV, TXT, DOTM, THMX など
電子メールとアーカイブ
MSG, PST, OST, EML, EMLX, MBOX,7Z, WAR, ZIP, EXE, 7zip, BZ2, ISO, IMG, TAR, GZ, TAZなど
その他
ASPX, CGI, ELM, IGY, IQY, JSP, LDB, MHT, MHTML, PHPなど
その復元率も高く、4DDiG公式サイトでは「データを失った状況にかかわらず、全てのデータを検索できる業界最高峰のデータ復元方法の一つです。」とも記されています。

他にも、動画や写真の修復も可能となっているようです。

サポート情報は以下の通りです。

【Windows】

OS:Windows 11,Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7, Windows Server 2008-2019

ファイル形式:FAT16、FAT32、exFAT、NTFS

CPU:1GHz (32 bit あるいは 64 bit) 以上

ディスクスペース: 200 MB 以上

RAM:512 MB 以上

【Mac】

OS:
 macOS Monterey, macOS BigSur 11.0, macOS 10.15, macOS 10.14 (macOS Mojave), mac OS X 10.13 (High Sierra), 10.12(macOS Sierra), 10.11(El Capitan), 10.10 (Yosemite)ファイル形式:APFS、HFS+、FAT32、exFAT

CPU:
1GHz (32 bit or 64 bit) 以上

ディスクスペース:
200 MB 以上

RAM:
512 MB 以上

 

更に詳細情報が気になる方はぜひ公式サイトをご覧ください!

フォーマットしたHDDから「4DDiG」を使ってデータを復元する方法

「4DDiG」を使用して、フォーマットしたHDDからデータを復元する方法をご説明していきます。

今回は実際に製品の使用をして削除したデータ(ファイル)を復元してみました。

① まず4DDiG公式サイトより使用OSに適したソフトをインストールをし、製品を起動します。

「4DDiG」のダウンロードはこちら【windows】

「4DDiG」のダウンロードはこちら【Mac】

② その後、色々と表示されるので復元(修復)したいファイルやHDDをクリックしてスキャンを開始します。

※ここでは復元したいファイルのタイプを選択することも可能なようです。

③ スキャンを行うと、復元可能なデータが表示されるので必要なデータを選択し、右下の復元をクリックします。

④ しばらく待っていると下のように「復旧完了!」という文字と画像が表示されます。

こちらのが表示されれば復元成功です!

実際に復元されているか確認してみると、しっかりと復元されていました!

ソフトのダウンロードから復元完了までには、特に専門知識やスキルを必要とするような難しい操作もなく、スムーズに行うことができました!
さらに詳しい説明や解説やダウンロードは4DDiG公式サイトをご覧ください。

キャンペーン情報

2022年8月8日~8月31日まで「お盆休み・夏休みキャンペーン」が開催中です!!

  • Amazonギフト券プレゼントキャンペーン
  • 人気製品が40%オフ
  • 1つ買うと1つもらえる!

気になる方はぜひ公式ホームページをご覧ください。

詳しくはこちらから↓↓

おわりに

今回は「外付けHDDを誤ってフォーマット(削除)してしまった場合の対処法【HDD復元】」ということで、データ復元ソフト「4DDiG」についてご紹介してきました。

まとめです。

  1. 予期せぬデータ紛失の原因は「バックアップを取らずにHDDをフォーマットしてしまった」「フォーマットするデバイスを間違えてしまった」などがある。
  2. 誤ってフォーマットしてしまったHDDでも「4DDiG」で復元できる!
  3. データ復元ソフト「4DDiG」の特徴:①様々な状況から失われたデータを復元できる ②1000種類以上のファイル形式をサポートしている ③復元率が高い ④データ復元だけでなく動画修復も可能。
  4. ダウンロードは無料でき、使用方法も簡単です!
  5. 気になる方はぜひ4DDiG公式サイトをご覧ください。

誤ってフォーマットしてしまったHDDや動画を復元・修復できる優秀で便利なデータの復元ソフト「4DDiG」。

様々なデバイスで使用することもでき、復元したいデータがある方は、ぜひ1度4DDiG公式サイトをご覧いただければと思います。

データを上書きしてしまった場合には復元できない可能性もあるので、データを紛失した場合はお早めに復元を試みるのがいいかもしれません!