VTuberのなり方・用意するもの・始め方を徹底解説します!




現在もVTuberとして活動を始める人が増えており、その数も多くなってきています。

そこで、「VTuberになりたい!」と思っているあなたのためにVTuberになる方法・用意するもの・始め方を徹底的に解説します!!

活動を考えている方は一通りお読みください。



VTuberになる方法(活動方法)を決めましょう!

まず、VTuberになる方法(活動方法)を決めましょう!

VTuberになる方法(活動方法)をといっても、今では様々な方法があります。

どのような方法で活動していくのかによって、用意するものや始め方が大きく違ってくるためよく考え、確実に決めましょう!

現段階で考えられるVTuberのなり方(活動方法)としては、多くのVTuberは次の3パターンの方法で活動されています。

VTuberの活動方法3パターン

1.3DモデルでPC+VR機器を利用する
2.2DモデルでPC+Live2D/facerig等を利用する
3.スマートフォンを利用する(1.2の方法でどうしても活動できない場合のみ)

 

なり方(活動方法)を選ぶ際には次のようなことを気にしてみてください。

・VTberとしてやりたいこと
・活動にかけられるお金
・活動場所の環境
・ご自身の知識

先に上げた、3つのそれぞれのなり方(活動方法)ではどのようなことができるのか、予算はどれくらいなのか、どのような環境や知識が必要なのか説明します。

あなたのなり方(活動方法)を決める際に、ぜひ参考にしてください。

 

1.3DモデルでPC+VR機器を利用する

この活動方法でできること:雑談・ゲーム実況・VRゲーム・自由に動くこと・歌ってみた・生放送 など
準備に必要なお金:数万円~数百万円程度(幅広い)
求められる環境:VRを利用できる広めの環境
用意するもの:PC・VR・3Dモデル など
必要な知識:PC操作の知識・VR操作の知識・モデルを動かす知識 など

☆環境や機材などの用意にお金が多くかかり、必要な知識も多くなりますができることが多伊野が特徴です。本格的にVTuber活動をしたいと思っている方へオススメの方法になります。
(現在は無料で3Dモデルをゲットすることも可能になっているため、もしかすると比較的安く・簡単に活動をできるかもしれません。)

2.2DモデルでPC+Live2D/facerig等を利用する

この活動方法でできること:雑談・ゲーム実況・VRゲーム・自由に動くこと・歌ってみた・生放送 など
準備に必要なお金:
数万円~数百万円程度(幅広い)
求められる環境:PCを利用できる環境
用意するもの:PC・2Dモデル・Live2D・facerig・ウェブカメラ など
必要な知識:PC操作の知識・モデルを動かす知識・Live2Dやfacerigを使いこなす知識 など

☆この方法で活動しているVTuberが最も多いです。3Dモデルで活動するよりは簡単に安く始められるでしょう。どのような活動方法が良いか迷っている方でPCを用意できるのであればこちらの方法をオススメします。

3.スマートフォンを利用する

この活動方法でできること:雑談・歌ってみた・生放送・スマホゲームの実況? など
準備に必要なお金:数万円~数十万円程度(幅広い)
求められる環境:スマホを利用できる環境
用意するもの:PC・VR・3Dモデル など
必要な知識:スマホを利用する知識・モデルを動かす知識 など

☆この方法で活動しているVTuberはほぼ見かけません。PCが用意できずにどうしてもスマートフォンで活動しなければならない方はこちらの方法での活動になります。できることも限られてしまうためオススメしません。

あなたに合った方法はわかりました?

わからない場合は下記の図を参考にしてみてください!

「はい、いいえ」で答えていくとあなたにあった活動方法がわかると思います。あくまでも参考程度にしてください。

 




VTuberになるために用意するもの【活動方法別に紹介】

活動方法によって、用意するものが異なります。
あなたの決めた活動方法に合わせてお読みください。

1.3DモデルでPC+VR機器を利用する

用意するもの
・3Dモデル
・PC(活動できるスペックのもの)
・VR機器(Oculuslift・HTCVIVE等)
・イヤホン/ヘッドホン
・トラッカー※手や足を動かしたい場合のみ
・マイク※声を入れる場合のみ

※この先でそれぞれの準備方法、オススメのものを紹介します!

 

2.2DキャラクターでPC+Live2D/facerig等を利用する

用意するもの・2Dモデル(イラストでも可)
・PC(活動できるスペックのもの)
・キャラクターを動かすためのソフト
・ウェブカメラ
・マイク※声を入れる場合

※この先でそれぞれの準備方法、オススメのものを紹介します!

 

3.スマートフォンを利用する

用意するもの・キャラクター
・スマートフォン
・キャラクターを動かすアプリ
・イヤホン(あるといい)

※こちらの方法はあまりオススメではないのでこちらの記事での紹介はしません。ご了承ください。




VTuber活動に必要なものの準備方法

ここからは用意するものの準備方法やおすすめのものを紹介していきます。

3Dモデルの用意

まず、1の方法で活動する場合に必要になる3Dモデルの用意方法を紹介します。

この3Dモデルを入手するには下の3つの手段が考えられます。

・自作する
・制作を依頼する
・制作ソフト(Vカツ、vroid)で作る

 

それぞれのメリット・デメリットを紹介するのであなたに一番合っているものを選びましょう!

3Dモデルを自作する

この場合は、BlenderUnityを利用して作ることになるでしょう。

Blender公式サイト
Unity公式サイト

これらのソフトは利用している人も多く、ブログやYouTubeなどで使い方を説明している方もたくさんいます。そのため、知識がない方でも比較的使いやすいでしょう。とはいえ、知識が全く無い場合は活動できるようなモデルを制作できるようになるためには数年程度かかる可能性も高いです。

そのため、全く知識がない方は時間を無駄にしてしまう可能性があるので自作はあまりオススメしません。

自分で3Dモデルを1から作る場合のメリット

・お金がほぼかからない
・自分の好きなように全てを作ることができる

 

自分で3Dモデルを1から作る場合のデメリット

・全く知識がない場合は制作に時間がかかる
・キャラクターが上手く作れなくて活動自体が嫌になることもある

 

Unityの使い方を説明されているサイトBlenderで作った棒人間をUnityで動かす(Qiita、サイト)

 

上記のサイトを見てみて、「あまり良くわからないや」と思った方には3Dモデルの制作を依頼することをオススメします!

3Dモデルの制作を依頼する

業者さんや個人で依頼を受け付けているモデラーさんに制作してもらう方法もあります。

モデリングの知識がないけれど、VTuberとして活動したいと思っている方はこちらの方法を選ぶ方が多いです。

業者さんに頼む場合は基本的に数十万円〜数百万円くらいお金がかかります。

VTuber用のキャラクター作成を受け付けている企業にはバーチャルYoutuberモデル・MMD用データ作成(モデリー)3DCG制作/作成のご依頼(Panda Graphics)などがあります。企業は基本的に高めです。

一方で、個人で依頼を受け付けているモデラーさんに依頼する場合は数万円から依頼をできることがあります。

個人のモデラーさんはココナラオリジナルイラストとLive2Dモデルのデジタルマーケット【nizima】などで見つけることが可能です。

ココナラで3Dモデルの制作を依頼したい方は下記の記事もどうぞ!

nizimaが気になる方は下記の記事もどうぞ!

 

3Dモデルの作成を依頼するメリット

・モデリングの知識がない場合でも簡単にキャラクターをゲットできる
・プロに依頼することで非常にクオリティーの高いキャラクターで活動できる

 

3Dモデルの作成を依頼するデメリット

・お金が比較的多くかかる
・沢山のモデラーさんの中から好みのモデラーさんを探すのが大変

 

モデリングについて勉強するものいいとは思いますが、できるだけ早く3DモデルでVTuber活動を始めたいと考えている方は依頼して制作してもらいのがいいでしょう。

3Dモデル制作ソフトを利用する

VカツVRoidなどを利用してキャラクターを制作することもできます。

Vカツ
VRoid

制作ソフトを利用するメリット

・簡単にすぐに作れる
・無料もしくは安価で3Dモデルを手に入れられる

 

制作ソフトを利用するデメリット

・他者と似たモデルになってしまう
・ソフトサービスが終了してしまったら活動できない

 

他者と少しくらいは似たモデルになったとしても、簡単に3Dモデルを手に入れたい方や安価でモデルを手に入れたい方はソフトを利用した制作が良いと思います。




2Dモデルの用意

続いて、2の場合に必要になる2Dモデルについて紹介します。

2Dモデルはイラスト(一枚絵)を動かすというのが基本です。

これには次のような方法があります。

・自作する
・制作の依頼をする

ご自身のスキルや予算に合わせて、2Dモデルの入手方法をお選びください。



自作する

2Dモデルを自作する手順は大体次のような流れです。

1.イラストを用意する(パーツ分けが必要)
2.Live2Dでモデリングをする
3.FaceRigなどで動かす

まず、CLIP STUDIOなどのイラスト作成ソフト利用してイラストを描きます。

そして、Live2Dでモデリングを行い、FaceRigに読み込みモデルを動かします。

※Live2Dはフリー版(無料)とPRO版(有料)があります。フリー版は無料で利用できますが、機能制限があります。一方でPRO版は有料のため、機能制限なしで利用することができます。PRO版にはトライアル期間も用意されています。

↓Live2Dを見てみる
【Live2D Cubism】

↓FaceRigを見てみる
FaceRig

 

また、Live2DやFaceRigを利用している方は多いため、ブログや動画で使い方を知ることができるでしょう。

 

「目、口」だけ動かせれば良いと言う場合は、puppetというものを利用することもできます。

目や口が開いていたり、閉じていたりするイラストを4枚用意するだけですぐ簡単にキャラクターの口と目を動かすことができます。
puppetのダウンロードをする

puppetの詳しい使い方を紹介しているブログに配信で口パクできるアプリ(ブログ)

3Dモデリングよりは簡単かもしれませんが、全く知識がない場合は制作の依頼をし他方が簡単に早くモデルを入手できると思います!

制作の依頼をする

依頼する場合は3Dモデルと同じですが、企業に依頼するのか、個人に依頼するのかという選択肢があります。

2つの選択肢はあるものの、個人にお願いすることが断然オススメです。

企業に負けないクオリティの高いものを個人の方も提供されています。そのため、個人への依頼がオススメです。

2Dモデルの制作依頼をしようと考えている方は下記の記事を合わせてご覧ください。

VTuberの2Dモデル制作依頼ができるモデラー15人を紹介します!【ココナラ】



その他の必要なものをまとめて紹介!

キャラクターを用意しても、機材がなければ活動はできません。

最後にまとめて必要な機材を紹介さていただきます。

先に書いた必要なものの中から「あなたの活動方法で必要なもののみ」をお読みください!!

PC

まず、PCです。

VRを使用して3Dモデルで活動する場合は、下記のサイトからご確認ください。

HTCVIVEの必要スペック確認はこちら↓
HTCVIVE公式サイト

Oculus Riftの必要スペック確認がこちら↓
Oculus Rift公式サイト

2Dモデルで活動される場合は、ゲーミングPCであれば全く問題なく活動できます。

下記の記事でオススメのノートPCを紹介しています。合わせてお読みください!
VTuberにおすすめのノートPC5台を紹介!

VR機器

VRは現段階では、「HTC VIVE」「Oculus Rift」がオススメです!!

この2つはどちらもオススメですが、価格、求められるスペック、操作性などが異なります。

HTC VIVEでしかできないことやOculus RiftでしかできないこともありますがVTuber活動に利用するのであればどちらを選んでもいいでしょう。

どちらかというと、HTC VIVEを利用しているVTuberの方が多いように思います。

私がオススメするのも「HTC VIVE」です!


HTC VIVEをAmazonで見る

Oculus RiftをAmazonで見る
フルトラッキングなどをしたい場合にはトラッカーも必要です。「両ひじ、両ひざ、両足、腰」にトラッカーをつけるとフルトラッキングになります。フルトラッキングにはトラッカーが合計で7コ必要になります。絶対に必要というわけではありません。全身をリアルに動かすことに興味のある方はぜひ、購入を検討してみてください。

HTC VIVE トラッカーをAmazonで見る

その他(マイク、イヤホンなど)

マイクやイヤホンなどその他機材はあまりにも古いものや安いものでなければ失敗することはないはずです。

基本的には好きなもので構わないのですが、おすすめのものを少しこちらで紹介します!

マイクやウェブカメラについては、より詳しく説明させていただいた記事もありますので合わせてご覧ください。

その他専用の記事がないものはこちらでオススメのものを紹介します!

イヤホン・ヘッドフォン




VTuberの始め方を解説!

活動方法を決め、活動に必要なものが全て揃うとあなたのVTuberとして活動が始まります!

最後にVTuber活動の始め方を解説します。

VTuberとして活動するには、YouTubeにチャンネルが必要になります。まず、チャンネルを作成するためにはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントの作成はこちらからできます。

アカウントを作成できたら、YouTubeにログインをして自身のチャンネルを解説しましょう。

ここまで完了すると、動画投稿が行えるようになります。

YouTubeの動画投稿のやり方は下記サイトをご覧ください。
詳しく説明されています。

ユーチューブに動画を投稿する方法!PC・スマホ(iPhone・Android)(サイト)

YouTube以外にも動画を投稿したり、配信を行いたい場合はこちらも合わせて登録すると多くの人に見てもらえる可能性が上がります。

下記サイトでの活動もぜひ考えてみてくださいね。

ニコニコ動画
SHOWROOM
ふわっち
17Live




おわりに

こちらの記事では、VTuberとしてのなり方を書いてきました。

VTuberは、なんとなく難しいそう、お金がかかりそうと思うかもしれません。
しかし、やり方によっては簡単に、安価で活動を始められることもあります。

現在はモデラーさんも増えており、便利なソフトも増えてきています。
以前よりはだいぶ簡単にVTuberになることができるでしょう。

VTuberになりたい!と考えている方はぜひ活動を始めてみてくださいね!!