VTuberオーディションに合格するためのコツを詳しくお教えします!




企業やプロジェクト、企画などでVTuberオーディションが開催されることがあります。

このようなVTuberオーディションは倍率が非常に高いことが多いです。

この記事で解決!

  • VTuberオーディションでは何を行うの?
  • オーディションに合格するコツは?
  • オーディションはどこで受けられるの?

これさえやっておけば、確実に合格するという方法はありません。しかし、合格する可能性をあげることはできます。

VTuberオーディションを受ける予定の方はぜひ最後までお読みください。




VTuberオーディションの審査で行うことは?

VTuberオーディションの基本的には以下のようなことが順番に行われます。

 

書類審査
音声or動画審査
面接(通話・対面)審査

 

それぞれ具体的にどのような審査なのかを紹介していきます。

書類審査

書類審査とは:書類上に書かれた名前やこれまでの経歴、スキル、志望動機、自己PRなどから次の審査へ進ませるか(合格なのか・不合格なのか)を判定する審査です。

大抵の場合は最初に書類審査が行われます。

VTuberオーディションでは、指定された書類を郵送する・Googleフォームで応募する・どちらも行うというような方法あるようです。

また、書類の項目もオーディションによって変わってきます。

書類には何を書くの?(例)
  1. あなたに関する情報
  2. スキル・経験に関する情報
  3. VTuber活動への意気込みに関する情報

動画or音声審査

動画or音声審査とは:その名の通り、自分で動画を撮影・編集をしたり、音声を録音して次の審査へ進ませるか(合格なのか・不合格なのか)を判定する審査です。

動画審査・音声審査は書類審査通過者のみ、もしくは書類審査と同時に課せられることが多いです。

内容は指定される場合もあれば、完全自由な場合もあります。

オーディションに合わせて、臨機応変に対応することが求められます。

また、長さは◯分以内というように指定されることが多いです。

オーディションには、動画のみ・音声のみ・両方行うという3つのパターンがあります。

動画・音声審査のテーマは?(例)
  1. キャラクターになりって自己紹介
  2. 歌ってみた
  3. ゲーム実況
  4. フリートーク

面接審査

面接審査とは:対面もしくは通話での対話によって行う審査です。

基本的に面接審査は最終審査となります。

面接は、書類審査、動画・音声審査を通過した人にのみ行われることが多いでしょう。

また、1度の面接で決まることもあれば、数回の面接を行うこともあるでしょう。

オーディションによって全く異なる質問がされます。

面接では何を聞かれるの?(例)
  1. あなたの情報
  2. できること
  3. 活動の意気込み




オーディションに合格するためのコツは?

ここからは「オーディションに合格するためのコツ」を紹介していきます。

※オーディションで合格するコツさえ掴んでおけば必ず合格するというわけではありません。ご了承ください。

あなたの魅力を今より少しでもしっかりと伝えられるようにできることは行ってみてくださいね。

それぞれの審査ごとのコツを紹介していきます。

書類審査のコツ

桃野まゆり
書類審査は初めてあなたを知ってもらう機会でもあるため非常に大切なものです。簡単に提出できますが、時間をかけて作成していきましょう。

丁寧に作ることを前提として、書類審査のコツをまとめます。

書類審査のコツ
  1. 誤字脱字などのミスをしない
  2. 読みやすい文章を心がける
  3. 自分の言葉で書く(嘘は絶対に書かない)
  4. 字を丁寧に書く(手書きの場合)

当たり前のことかもしれませんが以上のことをしっかり守って書類を仕上げましょう!

1つずつ説明をしてきます。

誤字脱字などのミスをしない

完璧に誤字脱字などミスのない書類が理想です。

書類審査では内容はもちろん大切ですが、同じくらいにミスがないことも重要になります。

ミスが1つもない書類を提出することでしっかりしている印象を与えることができます。

その結果、VTuber活動も責任を持ってやってくれるだろうと感じていただけるはずです!

読みやすい文章を心がける

誰が読んでも読みやすく、わかりやすい文章で書いていくことが理想です。

自己PRや応募理由などの記載を求められた時は読みやすい文章を心がけて書類を書きましょう。

自分の言葉で書く

「自分の言葉で書く=嘘を書かない」ということです。

こちらは本当に重要なこととなります。

名前や生年月日、経験、資格といった個人情報に嘘を書くのはもってのほかです。

また、自己PRや特技、応募理由なども絶対に嘘は書かないようにしましょう。

オーディションを受ける資格がなくなったり、犯罪になることもあるため嘘は絶対にやめましょう!

字を丁寧に書く(手書きの場合)

手書きの書類が求められた場合は、出来る限り字を綺麗に書きましょう。

「字が下手だから無理」という方もいると思います。

「丁寧に書く」と「上手く書く」は少し違います。

落ち着いて、ゆっくり丁寧に書くことを心がけましょう。

書類審査突破のために!
  1. 「、」や「。」を正しく使用する
  2. ひらがな・カタカナ・漢字のバランスに注意
  3. 伝えたいことを明確に書く
  4. 提出前に自分以外の人に確認してもらう




動画・音声審査でのコツ

桃野まゆり
動画や音声で好印象を与えられた場合を「面接で話してみたい・想いを聞いてみたい」と思ってもらえる可能性が高まります。重要な審査となりますので全力で取り組みましょう。

動画・音声審査のコツをまとめていきます。

動画・音声審査のコツ
  1. 台本を用意する
  2. ハキハキ話す
  3. 送る動画・音声を間違えない

1つずつ詳しく書いていきます。

台本を用意する

台本を用意することによって、自信を持って話せるようになり、より一層相手に想いが伝わる動画・音声を作れるでしょう。

特に、撮影・収録に慣れていない方は「構成・話す内容・セリフ」などをよく考えてから挑むことがオススメです。

とはいえ、台本の棒読みでは印象が悪くなってしまうのでそこは気を付ける必要があります。

1度の撮影・収録で終わりにするのではなく、何度か練習をするようにしましょう!

ハキハキ話す

ハキハキ話すというのは基本的なことですが非常に重要です。

ボソボソして何を言ってるかわからない動画・音声ではあなたの気持ちを伝えることはできません。

キャラクターに合わせて、雰囲気を変えることはあるかもしれません。
しかし、声が遠かったり、聞きづらいということは無いようにしてください。

送る動画・音声を間違えない

間違えてしまったらどうしようもありません。

オーディションは沢山の方が参加するため、間違えた場合でも対応してもらえないと思っておきましょう!

とにかく送る前に正しい動画・音声であるか確認をしてから送るようにしてください。

動画・音声審査突破のために!
  1. 撮影・収録の練習を繰り返す
  2. 動画や音声の確認をしっかりする
  3. 提出前に自分以外の人に確認してもらう
  4. 送る動画・音声が正しいものかを何度か確認する




面接でのコツ

桃野まゆり
面談をする段階まで来た場合はVTuberデビューまであと一歩のところに来ていることになります!ここで気を抜かずに全力で取り組みましょう。

面接審査のコツをまとめます。

面接審査のコツ
  1. ハキハキと話す
  2. 受け答えをしっかりする
  3. 笑顔で挑む

1つずつ詳しく書いていきます。

言葉使いに気をつける

特に面接では言葉遣いに気をつけましょう。

動画や音声は編集でどうにかなりますが、面接では編集ができません。

あまりにも失礼なことを言ってしまわないように注意しましょう。

VTuberとして活動をするにあたって、視聴者の方にも失礼なことをいうのではないかと思われてしまうかもしれません。

出来るだけ、丁寧な言葉遣いで話すようにしましょう!

ハキハキと話す

面接官に聞こえないような小さな声でボソボソ話していてはVTuberに向いていないと思われてしまいます。

ハキハキと相手に聞こえる声量で受け答えをするようにしましょう。

ただ単に大きい声を出すのではなく、程よい大きさの声で話してください。

受け答えをしっかりする

面接では様々な質問をされるため、しっかりと受け答えできるようにしていきましょう!

黙り込むことなくしっかり受け答えをしてください。

良い回答をしようと無理するよりも、自分の言葉で素直に明るく受け答えすることで好印象を与えることができます。

明るく受け答えする事によって「VTuberとしての素質がある」と思ってもらえるはずです!

笑顔で挑む

面接では、緊張するかもしれませんがとにかく笑顔で挑みましょう!

笑顔はそれだけで印象が良くなります。

同じくらいに良い印象2人がいた場合、笑顔が良かったということで選んでもらえることがあるかもしれません。

「一緒に活動していきたい!」「バックアップしていきたい!」と思ってもらえることが大切になるため、できるだけ笑顔で挑むようにしましょう。

面接審査突破のために!
  1. 言葉遣いに注意
  2. 声量・声のトーンにも気をつけましょう。
  3. とにかく笑顔で!




自分を信じてオーディションに挑みましょう!

 

ここまで、オーディションの流れ・審査別のコツを紹介してきました。

桃野まゆり
事務所に所属してVTuber活動をできる方は正直少ないです。しかし、可能性は誰にでもあります!!

あなたの何が評価されて合格になるかはわかりません。

そのため、オーディション中はもちろん、合否が出るまでは自分を信じて挑みましょう。

1回のオーディションで上手くいく方もいれば、何十回、何百回とオーディションを受けてやっと上手くいく方もいます。

どのようなときでも「自分は大丈夫だ」という気持ちだけは忘れずにいてくださいね。



VTuberオーディション情報

VTuberオーディションは随時募集とキャラクターごとに募集しているものがあります。

随時募集のオーディション

キャラクターごとに募集しているオーディション

見つけ次第随時追加します!