バーチャルYouTuber以外のバーチャル〇〇をまとめました!




バーチャルを〇〇といえば「バーチャルYouTuber」ですよね。

しかし、それ以外にもバーチャル空間でバーチャル〇〇として活動している人が結構たくさんいます。

ということで、今回はここで「バーチャル〇〇」をまとめていきます。



バーチャル〇〇まとめ

早速、バーチャル〇〇をまとめていきます。

1.バーチャルYouTuber(VTuber)
→YouTube投稿を主にしている
2.バーチャルライバー
→生放送を主にしている
3.バーチャルツイッタラー
→Twitterを主にやっている
4.バーチャルシンガー/歌手
→歌を歌う
5.バーチャルブロガー
→ブログを書く
6.バーチャルイラストレイター/絵描き
→絵を描く
7.バーチャル小説家
→小説を書く
8.バーチャル視聴者
→動画や配信をみる(VTuber好きの人)
9.バーチャルインスタグラマー
→Instagramを主にやっている

私が探した中では以上のようなバーチャル〇〇を発見しました。

バーチャル〇〇は基本的になんでもOK

「バーチャル〇〇」の〇〇の部分は結構なんでもいいのかもしれません。

名乗ってしまえばOKでしょう。

実際によくわからないものもありますよね。

バーチャルに関わりたいと思ったときは、なんでもバーチャル◯◯としてみてもいいかもしれません。

先に上げたバーチャル〇〇の中でも、圧倒的に多いのが「バーチャルYouTuber(VTuber)」です。近頃は「バーチャルライバー」もVTuberと同じくらいに増えているようにも思います。

一方で、バーチャルツイッタラーやインスタグラマー、ブロガー、小説家などはそこまで多くいません。

TwitterやInstagram、ブログ、小説などをわざわざバーチャルでやる必要ためこれらは今後もなかなか増えることはないでしょう。




おわりに

ここでは「バーチャル〇〇」についてまとめました。

バーチャル〇〇の多くがバーチャルYouTuber(VTuber)です。

わざわざバーチャルと名乗らなくてもいいものばかりなのでバーチャル〇〇は、今後そこまで増えることはないと思います。

今後、ここに掲載していない「バーチャルを〇〇」を見つけた場合はどんどん追加していきます。

おすすめ記事○○系VTuberの名称一覧